fbpx

【2021年】Shopifyでおすすめ無料テーマ7選!概要と特徴

Shopifyを導入した事業者の中には、テーマ選びに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ECストアのデザインは、自社ブランドや商品イメージに影響を与えるため、ブランディングの観点からも重要です。

適切なテーマ選択ができれば、ユーザーにも商品を知ってもらいやすくなるでしょう。
Shopifyには無料テーマと有料テーマの2つがありますが、初期費用を抑えたい場合には、無料テーマから始めるのがおすすめです。

そこで今回は、Shopifyの無料おすすめテーマをご紹介します。

自社ブランドと相性の良いデザインを選び、理想のECサイトを構築しましょう。

Shopifyテーマとは?概要

Shopifyテーマとは、テンプレートを使用してデザイン構築ができるShopifyのサービスです。

https://themes.shopify.com/?locale=ja

初心者でも操作がしやすく、カスタマイズも簡単であるため、多くの事業者がShopifyテーマを利用しています。

本来デザインは、デザイナーやプログラマーに制作を外注するのが通常です。
しかし、テーマを利用すれば、かける労力も費用も削減できます。

無料であってもShopifyのテーマは、高いデザイン性を誇ります。

無料テーマがおすすめな事業者

Shopifyの無料テーマは、ECサイトの初期費用をなるべく抑えたい事業者におすすめです。

有料テーマの場合は初期費用もかさみますし、デザイン制作を他社に依頼するのであればより費用もかかるでしょう。(とはいっても有料テーマでも初期で180ドル≒2万円程度しかかからないので、格安なのですが・・・)

そのためコストを抑えながら、自社ブランドを魅力的に表現したい場合には、無料テーマが最適です。
無料であってもECストア運営に必要な機能性は、十分に備わっています。

無料テーマの特徴

無料テーマのメリットは、小さくビジネスを始められることです。

Web知識があまりない事業者の場合、最初からデザインに多額のコストをかけることには大きなリスクがあります。

その点、無料テーマであれば初期費用を削減し、小さくビジネスを始められるでしょう。

ただし、無料テーマは有料テーマと比べて劣る面もあります。
有料テーマに比べてできる選択肢が少ないなど、最低限のシステムしか利用できないなどです。

事業者は無料テーマの強みと弱みを理解した上で、利用すると良いでしょう。

無料テーマ7選

Shopifyの無料テーマは有料テーマと比較すると、利用できる機能やサポートに制限があります。

しかし、デザイン性やカスタマイズ性など、ECストア運営に必要な機能を備わっているため、スタートアップとしては十分といえるでしょう。

ここでは、おすすめの無料テーマ7つをご紹介します。

Debut

Debutは、Shopifyの無料テーマの中でもカスタマイズしやすい点が特長です。シンプルなテーマは、一定の知識があれば機能性も拡張できます。一つの商品を360度の角度から閲覧できるので、服飾系の事業者に向いています。

Narrative

スライドショーや動画の埋め込みやすさで選ぶなら、Narrativeがいいでしょう。

商品画像と一緒に動画を差し込めるため、使用シーンや開発背景もユーザーに伝わりやすくなります。ブランドの独自の世界観を表現できるテーマです。

Brooklyn

Brooklynを利用すれば、トップページに大きく画像を載せられます。
スライド設定も可能なので、ユーザーにブランドの特徴や商品を印象づけられます。

商品ページからのサイズ確認もしやすく、Shopifyでも人気のテーマです。

Supply

Supplyは、多数の商品を取り扱うECストアにおすすめのテーマです。
商品画像を見やすく配列できるため、複数商品に目を通しやすい点がメリットです。

ピックアップ機能を利用して、新製品を目立たせることもできます。

Boundless

ブランドイメージの伝達と販促を同時に行えるテーマです。
スライドショーやフェード効果を利用して、ユーザーの視覚に訴えるデザインが構築できます。

動画と画像をメインにしてブランドイメージを伝え、ファンを獲得していきたい事業者に向いています。

Simple

業種に関係なく、支持されているテーマがSimpleです。
シンプルなデザインは、大量の商品を見やすく配置したい場合に向いています。

3種類のテーマが利用可能なので、他社と差別化を図りながら商品を宣伝できます。

Minimal

Minimalは、アパレルや雑貨ブランドに向いているテーマです。
商品画像を中心としたデザインは、すっきりと見やすくなっています。

スライド表示やズーム、検索機能が備わっており、初心者でもカスタマイズしやすい点が特長です。

まとめ

Shopifyのテーマはデザイン性が高く、多数の事業者に利用されています
無料テーマは有料テーマと比べて劣る面もありますが、ECストアに必要な機能性は備えています。

デザイン制作にかかる初期費用も抑えられるため、最低限の投資でサイト構築ができるでしょう。

無料テーマのメリットとデメリットも考えながら、自社ブランドに合ったテーマを選んでみてください。

 

SNSでもご購読できます。