fbpx

Shopifyで他社ECショップを真似るポイントまとめ!Shopifyを構築・運用しよう

shopifyは世界最大規模のECプラットフォームで、誰でも気軽に自分専用のネットショップを開設できます。

サイトのデザイン等も自分の好みに自由にカスタマイズできるためとても人気のあるプラットフォームです。

元々はカナダの企業ですが日本語にも対応したことをきっかけに現在、日本でも個人・企業問わず多くの方が利用しています。
ただ、shopifyを利用したばかりだとどのようにサイトを構築していいかわからないと思います。
そんな時は他社のECショップを真似するのがおススメです。
今回は、他社のECショップを真似する際のポイントやメリットをご紹介していこうと思います。

他社ECショップを真似るメリット

まず、初めてshopifyでECショップを運用・構築するにあたり、最初のうちは何から手を付けていいかもわからない状態だと思います。

そこでおススメなのが既存のECショップのデザイン等を真似する方法です。
他のECサイトを真似するメリットは、様々なサイトを見ながら自社ECショップのコンセプトを決めていけることです。

デザインの方向性はどうするのか?どのように商品を見せるのか?など、一から決定していくのは非常に大変でセンスも問われます。
そこで、他社のショップを見ることで理想のショップ像を固めて行くことができるのです。

さらに、人気のショップのデザインはやはり洗練されています。
一流ショップのデザインを多く見ることで自身のセンスも磨かれていき、後に自分でカスタマイズする時の手助けにもなります。

こういった理由から、最初のうちは他社ショップの真似をしてみて、後に少しずつ自分好みにカスタマイズしていく方法がおススメなのです。

本記事では、他社の良いところを真似する事は推奨していますが、他社の実施してる内容をパクる、などの相手にリスペクトなく、そのままコピーをしてしまうような内容はおススメしていません。

他社ECショップを真似るポイント

次に、他社のECショップを真似る時にチェックしたいポイントをご紹介していきます。
様々なショップがある中で、自分の理想のショップを見つけたとしてもどこを真似すれば良いのかわからなければ意味がありません。
そういった方の為に、チェックするべきポイントをまとめましたのでぜひ参考にしてください。

細部までに至るUI/UX

そのサイトが目に留まったということは、他のサイトと比べてUI/UXが細部までしっかり作りこまれているということです。

UI/UXの細部までこだわることは集客する上で非常に重要なことになります。
気になったショップのUI/UXをしっかりとチェックして、自社のショップデザインを考える際の参考にしましょう。

チャネル運用方法

次にチェックしてほしい項目はチャネルの運用方法です。
InstagramやFacebook、Googleショッピングなど販売するチャネルを決定する為に、他社ショップはどのように運用しているのかをチェックましょう。

そのデータを元に、自社に一番マッチした運用方法を決定しましょう。

販促方法

ポイントやクーポンなど、他社の販促はどのように行われているのかもチェックするべき項目の一つです。
他社ショップの販促はどのような機能を使っているのかをチェックしておくと、自社の商品を売り出すときの参考になります。

商品写真の撮り方

お客様が商品を購入する際に一番初めにチェックするのが商品の写真です。

写真の撮り方が悪いと、お客様の興味を引くことができません。
ですので、他社のショップはどのように写真を撮っているのか、背景のデザインや明るさなどを参考にすることは非常に大事な要素になってきます。

せっかくの商品が写真の撮り方一つで閲覧さえしてもらえないのはもったいないですので、ぜひチェックして勉強しておきましょう。

商品のバリエーション設定

商品のバリエーションの設定は重要な要素のひとつです。
バリエーションが少ないと選択肢が減り、購入される可能性が減ってしまいます。

また、バリエーションが多すぎても選ぶ段階で迷ってしまい、この場合も購入の可能性が減ります。

ですので、他社がどのくらいのバリエーションを出しているのか勉強しておきましょう。

料金設定

他社の料金設定を知っておくことは自社の商品の値段を決める際非常に役立ちます。
言ってしまえば参考にしているショップというのはライバルショップということになります。

そのライバルショップがどのくらいの品質の商品をいくらで売っているのかを知るのは、企業競争を生き抜いていくためには大事な要素ですのでぜひチェックしておいてください。

また、送料などの値段についても見ておくと、後々悩まなくて済みますので参考にしてみてください。

キャンペーンなど企画

自社の商品をより多くの方に知ってもらうためには、キャンペーンや企画を活用するのがおすすめです。
お客様の目を引くキャンペーンを行うことでサイトの閲覧時間を伸ばすことができ、それに比例して購入してくれる確率も高くなっていきます。

キャンペーンを打つことは新規のお客様と既存のお客様どちらに対しても効果が期待できますので、他社ショップがどのようなキャンペーンを行っているのかは必ずチェックしておきましょう。

ギフトラッピング

その次に大切なことはギフトラッピングなどについてです。
自社の扱う商品によってはギフトラッピングの需要が高い場合があります。他社のショップはどのような設定になっているのか参考にして考えてみてください。

メールのテンプレート

自動返信メールやターゲティングメールなどメールの設定も忘れないようにしておきましょう。
この他にもかご落ちメール(購入をお忘れではありませんか?)や受注・発送のお知らせメール等もしっかり設定しておきましょう。

サイト集からチェックしよう

次は実際に様々なサイトを見てデザインや写真の撮り方などを見てみましょう。理想のショップを探して、自社ショップのイメージをある程度決定しておくと良いでしょう。

以下のようなサイトが参考になります。

MUUUUU.org
https://muuuuu.org/category/sitetype/ec

SANKOU!
https://sankoudesign.com/category/ec-onlineshop/

Shopifyに限らず成果を上げるには真似ることから!

shopifyの運用・構築に限らず、真似をすることは非常にメリットが多いです。

仕事やスポーツなどでも、先輩や尊敬する人の真似をすることが一番の近道だったりします。身の回りのことを効率的に進めていきたいなら、まずは真似してみることから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はshopifyにおける構築・運用についての解説をしていきました。
最初から最後まで自分一人で考えてショップを経営していくことは非常に大変で効率も悪くなってしまいます。

まずは、他社ショップの真似から始めてみて、少しずつ自分に合ったショップに変えていきましょう。

 

SNSでもご購読できます。