fbpx

広告代理店はいらない? 広告施策で失敗しないための方法

「広告を実施していきたいが、広告代理店を利用すべきかどうか迷っている」

このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
広告運用を代理店に任せると、手数料が発生するので迷いますよね。

広告代理店の利用で迷っている方に向けて、広告施策で失敗しないための方法について解説していきます。

この記事を読むことで、広告代理店の役割と、メリットやデメリットについて理解できます。自社の環境と照らし合わせながら見ていくとよいでしょう。

広告代理店とは?

広告代理店とは、商品の広告をしたい広告主と、駅の広告枠やWebメディアなどの広告を掲載する媒体の仲介を担う仕事です。

広告主は自身の商品を売るために広告の場所を探しており、広告媒体は物件の空きスペースを活用して広告収入を得ようと広告主を探しています。

広告代理店は、広告主の商品が売れるために適した広告媒体を探して、価格交渉や広告物の作成まで行います。

広告主と広告媒体が契約するまでのプロセスを担うのが、広告代理店の主な仕事になります。

広告代理店に依頼するメリット

広告代理店を利用するメリットは、大きく3つあります。

  • 商品に適した広告媒体の提案を受けられる
  • 広告運用の手間がかからない
  • 代理店の使い分けが可能

それぞれのメリットについて解説していきます。

商品に適した広告媒体の提案を受けられる

広告代理店が仲介を担うことで、広告主の商品に適した広告媒体の提案を受けられます。

広告媒体によってユーザーの年齢層や求めているもの、拡散性に違いがあり、広告代理店はこれらに詳しいので、広告主の商品に適した広告手法を提案できるのです。

広告運用の手間がかからない

広告運用は、広告媒体を探すところから広告の効果測定まで数多くの工数があり、自社で行うとかなり手間がかかります。

広告代理店を利用すると、これらの工程を全て行ってくれるので、広告に裂くリソースを抑えられます。

代理店の使い分けが可能

広告代理店には、オフラインに強い会社からWeb広告に強い会社までさまざまあるので、刻刻代理店の強みを理解した上で会社選びをする必要があります。

広告代理店に依頼するデメリット

広告代理店を利用すると、次のようなデメリットが生じます。

  • 広告費用に応じた手数料がかかる
  • 自社での広告運用スキルが身につかない
  • 代理店とのやりとりに時間や労力がかかる

広告代理店に広告運用を任せることで、広告費用に応じた手数料が発生します。たとえば、リスティング広告の場合は手数料の相場が20%と言われています。

また、広告代理店に広告運用を任せっきりになると、自社の負担は減りますが広告のノウハウが自社に蓄積せず、自社で集客する力が身につかないというデメリットもあります。

広告に関することに関して、代理店とのやりとりが都度必要になるという点もデメリットのひとつです。

代理店の担当者はひとりで複数社担当しているので、スムーズにやり取りすることが難しいときもあるでしょう。

施策ごとに自社と代理店を使い分けるのがおすすめ

広告代理店によってWeb広告を得意としていたり、オフラインに強いところなどさまざまなので、施策に合わせて使い分ける方が良いと言えるでしょう。

また、各施策に強い代理店が複数ある場合は、いくつかの代理店に話を聞いて他社と迷っていることを伝えるましょう。

そうすることで代理店同士が競争し、より良い条件で契約できることがあります。

広告代理店はいらないのか?についてのまとめ

自社に広告運用できるスタッフがおらず、予算の範囲内で広告運用できるのであれば、広告代理店に任せた方が成果は出やすいと言えます。

広告代理店に任せっきりだと、自社にノウハウが溜まらず連絡もスムーズに取れないことがあります。しかし、プロである代理店に一度任せてみて、広告運用について聞きつつ自社ノウハウとして蓄積していくことも可能です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

SNSでもご購読できます。