fbpx

Shopifyで明細書や領収書をメールで送付する方法とおすすめアプリ

今回はECプラットフォームShopifyでの、明細書ならびに領収書をお客さんにメールで送付する方法をご紹介いたします。

今でこそオンラインでの買い物が一般的になりましたが、ひと昔前までは”心配・不安”などネガティブな印象をもたれている時代でした。
ただ、現代でもオンライン売買を利用した詐欺などは多く、ショップ側はいかに信頼を獲得するかも重要なポイントになってきます。

とくに日本では、ただ商品が送られてくるだけでなく明細書の同梱など細かな対応を重要視する傾向にあります。

安心してお買い物いただくためにも、金銭に関わるところとなる明細書や領収書についてしっかり理解してきましょう。

また、Shopifyで明細書・領収書を発行送付する際におすすめのShopifyアプリもあわせてご紹介しておりますため、ぜひご参考ください。

そもそも明細書と領収書の違い

そもそも「明細書」と「領収書」の違いをご存知でしょうか?

どちらも同じ、支払いに対して発行される書類のことを指しますが、使用用途がかわってきます。
お買い物をするのは、個人のお客さんだけではありません。法人名義としてオンライン上の商品やサービスを購入する場合も多くあります。

とくに法人名義や仕事用として何かを購入された場合、会社に提出するために領収書や明細書を求められることは少なくありません。

そういったお問い合わせがきた際に、スムーズに対応、返信が行えるよう発行や送付の手順などを事前に確認しておきましょう。

また、明細書と領収書の違いを理解しておくと、お客さんからの問合せに対して円滑に対応をすすめることができますよ。
分かりやすいようにざっくり違いをご説明していきます。

明細書

「明細書」とは”支払ってもらう料金の内訳”が記載された書類のこと。実店舗でいう、レシートのことです。

オンラインで買い物をした場合、購入した商品名や個数、送料・手数料など、お客さんが支払う料金の内訳が具体的に明記されたものになります。オンラインでの買い物であれば、商品を送る際に同梱することが多いです。

領収書

「領収書」は”支払ってもらった料金を受け取った”ということを証明する書類のことです。

例として飲食店での領収書が分かりやすいかと思います。
レシート(明細書)には飲み物や食べ物が一覧になっていますが、領収書をお願いすると但し書き(飲食代等)と合計金額のみが記載されますよね。これを領収書と呼びます。

基本的に書類は登録されているメールアドレスに送付する

明細書や領収書など、書類はお客さんが登録しているメールアドレス宛への送付するのが基本となります。

これはAmazonなど大手ECサイトでも同じです。お客さんが購入した商品の詳細や明細は、お客さんの立派な個人情報になります。

また、このあとご紹介するShopify明細書・領収書発行のアプリの便宜上、お客さん(注文者)の登録外のメールアドレスへ送付することはできない仕様となっていることがほとんどです。

もしも違うアドレスへの送付を希望された場合、送信間違いなどを防ぐためにも注文者アドレスに送付後、お客さん自身で希望のアドレスへ転送してもらうなどを案内しましょう。

Shopify標準機能で明細書は発行できる

https://help.shopify.com/ja/manual/orders/packing-slips

明細書を同梱することで、商品が届いたあとにお客さんが注文と届いた商品を照らし合わせて確認することができます。

Shopifyには、標準機能として明細書発行の機能が付いています。
先ほどもお伝えしたとおり、通信販売の場合は商品発送の際に明細書や納品書を同梱することが多くあります。

Shopifyの「管理画面」から注文画面を開き、明細書を印刷したい注文を選択するだけなのでとても簡単です。

明細表のデザインを編集してお店やブランドのロゴを追加するなども可能なので、カスタマイズも可能です。

領収書のテンプレートを編集するおすすめアプリ

ここでは、領収書のテンプレートを編集するにあたってのオススメアプリをご紹介したいと思います。

Order Printer

https://apps.shopify.com/order-printer-templates

Shopifyのオーナーたちに人気なのが「Order Printer」というアプリ。もちろん無料で利用できるので安心です。

明細書や領収書、発送時の宛名ラベルなどほぼすべての必要書類を、「Order Printer」にて印刷が可能。ブランドロゴの挿入もできます。

「Order Printer」をインストールしたら、Shopifyのアプリ管理画面から「Order Printer」を選択します。
”Manage template”を選択すると、テンプレートを編集できます。

テンプレート編集にはHTMLやCSSなどといった、プログラミング言語の知識が必要です。

自信がない方は、専門の業者やデザイナーさんに外注すると安心です。

まとめ

今回はECプラットフォーム世界No.1のシェア率を誇る「Shopify」での、明細書・領収書の発行の方法と発行・印刷におすすめのShopifyアプリをご紹介いたしました。

ECサイトを運営するうえで、金銭にかかわるところでもある明細書や領収書は重要なポイントです。お客さんから発行の依頼や問合せがあった際に、スムーズに対応が行えることでお店への信頼感が増します。結果、顧客を増やすことにも繋がりメリットばかりです。

まだ準備をしていないという方は、ぜひ今回のご紹介をご参考ください。

 

SNSでもご購読できます。