fbpx

Shopifyでかかる手数料と主な決済手段とは?基本から解説します

Shopifyでストアを開設して自分の商品を販売するとき、幾らかの手数料が掛かってきます。

そこでこの記事では、Shopify利用時に掛かってくる手数料の内容と、その金額を解説します。

Shopifyで発生する手数料一覧

決済手段の一覧

Shopifyで発生する手数料は以下の通りです。

  • クレジットカード決済時に発生する支払い手数料
  • 外部決済サービス利用時に掛かる支払い手数料
  • 外部決済サービス利用時に掛かる振込手数料

いずれもユーザーが商品を購入した際に、手数料が発生します。

クレジットカード決済を導入するためには、「Shopify Payment」という、Shopify公式アプリを用います。

Shopify Payment(ペイメント)について

Shopify Paymentとは、ユーザーが商品購入時に、クレジットカードで決済できるShopify公式アプリです。

後述する外部決済サービスと比べて、振込手数料が0円で済むため、ユーザーにとって優しい支払い手段です。

Shopify Paymentはプランが3つ用意されており、それぞれ月額利用料および決済手数料が異なります。

対応ブランドVISA、Mastercard、American Express、JCB
決済手数料3.25~4.15%
振込手数料0円

【Shopify Paymentの月額利用料と決済手数料】

ベーシックスタンダードプレミアム
月額利用料29ドル79ドル299ドル
国内発行カード(VISA,Master Card)3.4%3.3%3.25%
海外発行カード/AMEX3.9%3.85%3.8%
JCBカード4.15%4.1%4.05%

月額利用料は米ドルが基準になって決められているため、為替レートによって毎月の利用料が異なります。

プラン選択時は、ストアの規模や売上額に応じて選ぶようにしましょう。

外部決済サービス

Shopifyで決済するときは、Shopify Paymentによるカード決済だけでなく、外部決済サービスも導入できます。

Apple Payについて

Apple Payでは手数料率がShopify Paymentと同じです。

ただし国内発行のVISAカードが利用できない点には、注意が必要です。

対応ブランドMastercard、American Express、JCB
決済手数料Shopify Paymentに準ずる
振込手数料0円

Google Payについて

Google PayでもApple Pay同様に、手数料率がShopify Paymentと同じです。

こちらはVISAカードが利用可能です。

対応ブランドVisa、Mastercard、American Express
決済手数料Shopify Paymentに準ずる
振込手数料0円

Amazon Payについて

Amazon Payはデジタルコンテンツとそれ以外のコンテンツで、決済手数料が異なります。

対応ブランドVisa、MasterCard、American Express、JCB
決済手数料4%(デジタルコンテンツ以外)、4.5%(デジタルコンテンツ)
振込手数料0円

PayPalについて

PayPal決済では主要カードのブランドだけでなく、Google PayやAmazon Payでは利用できなかったブランドのカードでも、決済が可能です。

対応ブランドVisa、MasterCard、American Express、JCB、銀聯など
決済手数料3.6% + 40円
振込手数料0円(出金額5万円未満は250円/件)

携帯キャリア決済について

「クレジットカードを持っていない」ユーザーに対応している支払い手段の一つが、携帯キャリア決済です。

決済手数料は他の決済手段よりも高めですが、幅広いユーザーにリーチするために、導入を検討してみてもいいでしょう。

対応キャリアdocomo、au、SoftBank
決済手数料6.4%

銀行振込について(KOMOJU決済)

銀行振込に対応させる場合は、KOMOJU決済を導入する必要があります。

決済手数料5%
振込手数料銀行による

代引き決済について

代引き決済は佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便で対応しています。

対応している配送会社佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便(ゆうパック)
決済手数料配送会社に準ずる

まとめ

Shopifyでは様々な決済手段に対応しており、それぞれ決済手数料が掛かります。

少しでも多くのユーザーにリーチできるように、幅広い決済手段を用意しておくのがベストです。

一方で手数料がかさんでくると、かなりまとまった金額が差し引かれてしまいます。

そのため手数料を参考にしながら、導入する決済手段を検討してみましょう。

 

SNSでもご購読できます。