fbpx

ECサイトの作り方は?作り方の基本からおすすめASPまで詳しく解説

Amazonや楽天といったモールを使わずにネットショップ・ネット通販を始める時、必要になってくるのがECサイト構築。

しかし、「ECサイトの作り方はよくわからない」「そもそも何をすればいいのかわからない」という方も多いはず。そこで今回は、初心者でもわかるECサイトの作り方を解説します。カートASP「Shopify」を使えば、誰でも簡単にECサイトを作ることができますので、ぜひ参考にしてください。

ECサイトの作り方

ECサイトは、その他Webサイトと同じように、インターネット上にプログラムを構築することで作ることができます。1からプログラムを書いて構築するフルスクラッチ開発もできないことはありませんが、ECサイトは一般的に以下の4つのシステムを使って作成されます。

  1. カートASP
  2. オープンソース
  3. パッケージ
  4. クラウドEC

おすすめはカートASP

それぞれのシステムに特徴がありますが、特におすすめなのはカートASPです。

カートASPは、BASEやカラーミーなど無料で利用できるものがあるので、EC運営初心者でも低リスクで始めることができます。

また、ASPならデザインや商品登録が簡単なので、知識がなくてもサイト構築が可能です。

セキュリティ面でもカートASP常にシステムのアップデートを行っているので、非常に安心できます。

おすすめカートASPはShopify

おすすめのカートASPはShopify。その理由は、ShopifyがカートASPの中で最も拡張性が高いから。

Shopifyは非常に拡張性の高いASP

カートASPは、手軽にECサイトを作れることが魅力です。BASEやカラーミーといったASPは、確かに簡単にECサイトが作成可能です。

しかし、ASPはそのサイト作成の簡易さのために、限定的な機能しか使えないといったデメリットも存在します。なので、ECサイト運営がうまくいって、店舗を大きくするタイミングでASPを乗り換えなくてはならず、その際大きなコストを強いられる場合があります。

対して、Shopifyの場合その心配はありません。

ShopifyはカートASPの弱点を克服している

Shopifyは、システム・サーバーが非常に強力で安定しているため、個人規模のECサイトはもちろん、大規模ECの運営にも何の心配もありません。

また、Shopifyには「Shopifyアプリ」というシステムがあります。このShopifyアプリを、自身のECサイトにインストールすることで、自身のECサイトに任意の機能を追加することができます。

もちろん、その他カートASPも非常に魅力的で便利なサービスでありますが、Shopifyにできてその他ASPにできないことは基本的にありません。

また、手数料も業界最安値の3.15%~3.4%(プランによって変動)のため、利益を最大化するという面でも、Shopifyは非常に優秀なASPと言えるでしょう。

カートASPを使ったECサイトの作り方

ここからは、カートASPを使ったECサイトの作り方を3ステップに分けて解説していきます。

Step1.カートASPへ登録

必要な情報はメールアドレスだけ。

ASPの種類によっては、ECサイトの独自ドメイン(Googleドメインなどで購入する)が必要になりますが、Shopifyの場合はShopifyドメインが自動的に発行されます。

ステップ2 ECサイトのセットアップ

ECサイトのセットアップを行います。

セットアップに必要なことは、

  • サイトに必須機能をつけること
  • サイト上に必要事項を記載すること
  • サイトのデザインを決定すること

の4点になります。

ステップ3 商品の登録

最後は、自身の販売する商品の登録です。

多くの場合、サイトのデザインテンプレートに沿って商品を登録すれば問題なく商品登録が可能です。

必要な項目は以下の通り。

  • 商品名
  • 価格
  • 商品の画像
  • 商品説明文
  • 在庫数
  • その他サイズなど必要事項

あとはサイトを公開するだけ。ECサイトは、ASPを使えば非常に簡単に作成可能です。

まとめ

今回は、ECサイトの作り方について解説いたしました。

おすすめは費用がお手頃で、常にアップデートされ続けるカートASP・Shopifyを使うことですが、自身の技術力や費用・企業規模などイメージするECサイトにぴったりなシステムをご利用ください。

ECサイトは自分で作ることも可能ですが、本格的なサイトを作りたいなら、サイト制作会社に依頼することをおすすめします。