ShopifyのCRMアプリ5選! 実施の手順や成功ポイントも解説

「ShopifyでCMRを行うメリットは?」「Shopifyと連携できるCMRアプリには何がある?」そんな疑問を持たれる方もいるのではないでしょうか。
Shopifyは、専用のアプリを使用することで手軽にCRMを実施することができ、またカスタマイズ性も高く、人気を集めています。
本記事ではShopifyでCMRを行うメリット・デメリットや連携できるアプリなどを紹介します。
ぜひ自社のECサイト運営に役立てて下さい。

ShopifyでCRMを実施する際のメリット

Shopifyは、ECサイトを簡単に作成・運営できるプラットフォームです。
ShopifyでCRMを行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、ShopifyでCRMを実施する際のメリットを3つ紹介します。

売上の向上が見込める

Shopifyでは、顧客の購買履歴や行動データを分析し、それに応じてメールや広告などのパーソナライズドな施策を実施することができます。
これにより、顧客のリピート率やカート離脱率を改善したり、平均注文金額を増加させたりすることができ、売上に直結する効果が期待できます。
また、Shopifyと連携できるCRMアプリを利用すれば、さまざまな施策を簡単に設定・管理・測定できるため、効率的にCRMを行うことができます。

顧客情報の一元管理が可能になる

Shopifyでは、顧客情報を一元的に管理できるため、顧客の状況やニーズを把握しやすくなります。
Shopifyの管理画面では、顧客の基本情報や注文履歴、タグ付けなどが確認できるほか、Shopifyと連携できるCRMアプリを利用すれば、顧客のセグメント化やライフサイクルステージの把握、顧客満足度の測定なども可能になります。
これにより、顧客に応じた適切なコミュニケーションやフォローアップが行えるようになります。

 データに基づいた施策の最適化ができる

Shopifyでは、ECサイトのトラフィックやコンバージョン率などの基本的なデータを確認できるほか、Shopifyと連携できるCRMアプリを利用すれば、メールや広告の開封率やクリック率、売上やROIなどの詳細なデータも確認できます。
これらのデータをもとに、施策の効果や改善点を明確にし、PDCAサイクルを回すことができます。
また、データ分析や可視化に優れたCRMアプリもありますので、より高度な施策の最適化も可能です。

以上、ShopifyでCRMを実施する際のメリットを3つ紹介しました。
Shopifyは、専用のアプリを使用することで手軽にCRMを実施することができるだけでなく、カスタマイズ性も高くデータ分析も容易です。
ぜひ自社のECサイト運営に役立てて下さい。

ShopifyでCRMを実施する際のデメリット

ShopifyでCRMを行うと、多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。ここでは、ShopifyでCRMを実施する際のデメリットを3つ紹介します。

管理システムの構築運用にコストがかかる

ShopifyでCRMを行うには、専用のアプリを導入したり、外部のツールと連携したりする必要があります。
これらのアプリやツールは、無料のものもありますが、有料のものも多く、機能や利用者数に応じて料金が変わります。
また、アプリやツールを選定・導入・設定・更新するには、時間や人的資源も必要です。
したがって、管理システムの構築運用にはコストがかかります。

 運用が定着しない可能性がある

ShopifyでCRMを行うには、顧客情報の入力や更新、施策の実行や効果測定など、日々の運用が欠かせません。
しかし、運用には手間や時間がかかりますし、運用者のスキルやモチベーションも影響します。
また、運用方法やルールが明確でないと、データの品質や一貫性が低下したり、施策の効果が測定できなくなったりする恐れがあります。
したがって、運用が定着しない可能性があります。

データの活用に限界がある

ShopifyでCRMを行うと、顧客の購買履歴や行動データなどを収集・分析することができます。
しかし、Shopifyでは、顧客の属性情報や趣味嗜好などの詳細なデータは取得できません。
また、Shopifyと連携できるCRMアプリやツールも、データ分析や可視化において限界があります。
たとえば、複雑なクロス集計や予測分析などは難しい場合が多いです。
したがって、データの活用に限界がある場合があります。

以上、ShopifyでCRMを実施する際のデメリットを3つ紹介しました。
ShopifyでCRMを行うときはこれらのデメリットを踏まえて、コスト対効果や目的に応じたアプリやツールの選択、運用方法やルールの策定などを慎重に行う必要があります。

Shopifyと連携できるCRMアプリ5選

ShopifyでCRMを実施するには、専用のアプリを利用するのがおすすめです。
Shopifyと連携できるCRMアプリには、さまざまな種類や機能があります。
ここでは、Shopifyと連携できるCRMアプリの中から、特に人気の高い5つのアプリを紹介します。

まるっと集客

まるっと集客

まるっと集客は、Google広告やFacebook / Instagram広告、LINEメディア、各種ポイントサイト/比較サイト/SEOサイトなど、幅広いチャネルに向けてShopifyから商品を掲載できるアプリです。
アプリ上で各広告施策への連携の申し込みを一元管理できる「連携申し込み機能」や、広告の成果をグラフで直感的に確認できる「ダッシュボード機能」、広告経由の注文を確認できる「注文管理機能」など様々な機能が備わっています。
無料で試すこともできるので、まずは「まるっと集客」アプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まるっと集客ストアページはこちら!

HubSpot CRM

hub spot

HubSpot公式サイト

HubSpot CRMは、データによるマーケティング戦略をまとめられるアプリです。
Shopifyと連携することで、商品・問い合わせ・注文の同期を自動化させることが可能です。
顧客生涯価値の分析やフォローアップ金額の表示、マーケティングキャンペーンごとの売り上げも把握可能です。
また、メールやチャットなどのコミュニケーションツールも備えており、顧客との関係性を強化できます。
HubSpot CRMは無料から利用できますが、有料プランではさらに多くの機能が利用できます。

CRM PLUS on LINE

CRM PLUS on LINE

CRM PLUS on LINE公式サイト

CRM PLUS on LINEは、カゴ落ち防止や発送通知などのメッセージをLINEで送信できるアプリです。
顧客ごとに設定できるタグを利用してユーザーを限定できるため、ランク分けや承諾を得た人にだけへの提供も可能です。
また、LINE上で問い合わせや注文も受け付けられます。
CRM PLUS on LINEは月額980円から利用できますが、無料トライアルもあります。

Easy Tagging

Easy Tagging

Easy Tagging公式サイト

Easy Taggingは、顧客の注文情報や個人情報などに自動でタグ付けを行えるアプリです。
タグ付け設定を一度しておけば、手動でタグ付け作業を行う必要なく、顧客管理を効率化できます。
タグ付けされた顧客は、メールやSMSなどのマーケティング施策に活用できます。
Easy Taggingは月額980円から利用できますが、無料トライアルもあります。

Loyalty, Rewards and Referrals

LoyaltyLion Rewards

Loyalty, Rewards and Referrals公式サイト

Loyalty, Rewards and Referralsは、購入・ログイン・サブスクリプション・サイト訪問などのアクションに対して、ポイントを付与する仕組みを提供するアプリです。
ポイントは、割引や無料商品などの特典と交換できます。
また、紹介プログラムも設定でき、顧客の口コミやリピートを促進できます。
Loyalty, Rewards and Referralsは月額19ドルから利用できますが、無料トライアルもあります。

ShopifyでCRMを実施する手順

ShopifyでCRMを実施するには、以下のような手順を踏むことがおすすめです。
各手順について詳しく見ていきましょう。

現状を把握する

CRM施策によってどのような課題を解決するのかを明確にしておかなければ、より有効な施策を打ち出すことは難しいです。
そこで、まずはこれまでに蓄積してきたデータに加えて、最新のデータを集約し、自社が運用しているネットショップの現状を把握することが重要です。
例えば、売上や利益率、注文数や平均注文金額、顧客数やリピート率、カゴ落ち率や離脱率などの指標を分析し、強みや弱み、改善点や課題点を洗い出します。
また、顧客の属性や行動履歴、購買傾向や満足度なども調査し、顧客のニーズや要望を理解します。

顧客をセグメント化する

次に、ターゲットを分けるために、顧客を「リピーター」「カゴ落ち」などのセグメントに分けます。
セグメント化することで、顧客の特徴や傾向を把握しやすくなりますし、各セグメントに合わせた最適な施策を考えることができます。
セグメント化の方法は様々ですが、一般的にはRFM分析(購入頻度・購入金額・最終購入日)やLTV分析(顧客生涯価値)などが用いられます。
また、Shopifyと連携できるCRMアプリの中には、自動でタグ付けを行ってくれるものもあります。

施策を計画する

各セグメントにとって最も効果が期待できる具体的な施策を計画します。
施策の種類は様々ですが、例えば、「リピーター」に対してはリピート購入を促すためのクーポンやポイント制度、「カゴ落ち」に対してはカゴ落ち防止メールやリマインド広告、「新規」に対しては口コミや紹介プログラムなどが考えられます。
施策を計画する際には、目的や目標、予算や期間、実行方法や評価方法などを明確にします。

施策の実行・効果測定を行う

ターゲットへの施策が決まったら、CRMツールを活用しながら実際に施策を実行・管理します。
また、効果測定も忘れてはいけません。
効果測定では、施策ごとに設定した指標(KPI)をもとに、成果や問題点を分析します。
例えば、「リピート率」「平均注文金額」「コンバージョン率」「ROAS(広告費用対効果)」などが指標として用いられます。
効果測定の結果に基づいて、施策の改善や改良を行うのが良いでしょう。

ShopifyでCRMを実施する際のポイント

ShopifyでCRM施策を実施するには、以下のようなポイントに注意することがおすすめです。
各ポイントについて詳しく見ていきましょう。

検証したい仮説を施策ごとに明確にする

ShopifyでCRM施策を実施する際は、施策の効果が表れているのかを判断するために、「〇〇という施策を実行したら、△△という結果が出るだろう」という仮説を明確にした上で取り組むことが重要です。
仮説を明確にすることで、目的や目標がぼやけることを防ぎますし、効果測定の際にも検証しやすくなります。
仮説は、データや顧客の声などに基づいて立てるようにしましょう。

施策を実行管理するための指標を決定する

施策を正しく実行できているかを検証するためには、適切な指標を設定し、その指標に照らし合わせて実行できているかどうかを判断する必要があります。
指標は、施策の目的や仮説に沿って決めるようにしましょう。
例えば、「リピート率」「平均注文金額」「コンバージョン率」「ROAS(広告費用対効果)」などが指標として用いられます。
指標は、定期的にモニタリングし、必要に応じて修正や改善を行います。

管理コストに気を付ける

ShopifyのCRM施策をチャネルの数だけ立ち上げると、応対の手間がかかるだけでなく、管理コストが膨らみすぎて費用対効果が著しく低下するおそれがあります。
そこで、管理コストに気を付けることが重要です。
管理コストとは、CRM施策の運用や管理にかかる人件費やシステム費などのことです。
管理コストを抑えるためには、CRMツールの導入や自動化の活用、チャネルの絞り込みや優先順位付けなどが有効です。

ShopifyでのCRMは「まるっと集客」におまかせ!

今回はshopifyと連携できるCRMアプリを5つ紹介しました。
なかでも「まるっと集客」アプリは、アプリ上で各広告施策への連携の申し込みを一元管理できる「連携申し込み機能」や、広告の成果をグラフで直感的に確認できる「ダッシュボード機能」、広告経由の注文を確認できる「注文管理機能」など様々な機能が備わっています。
無料で試すこともできるので、まずは「まるっと集客」アプリの導入を検討してみるのはいかがでしょうか?

 

まるっと集客ストアページはこちら!

Button Image Button Image