fbpx

Shopifyアプリを利用して集客を最大化する⑥ブランドイメージを高めながらの集客を手軽にショップに導入できる「ネイティブアド連携」

ブランドイメージを高めたまま集客をすることができる手法の一つがネイティブアド。今回は、このネイティブアド連携の導入方法について解説していきます。

Shopifyによって簡単に高品質なストアが立ち上げられるようになり、新しいビジネスのチャンネル開いた方は多くいると思います。

オープン後は、SNSで告知したり、中にはインフルエンサーやWEB記事に取り上げられて多くのお客さんの目に止まり、大きな売上を達成したショップさんもある思います。

しかし、多くのショップさんはそんなに多くの集客方法を持っているわけではないので、「ショップをオープンしたけどどうやってお客さんに来てもらおうか?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

また、前述のようなインフルエンサーやWEB記事に取り上げられたショップさんも持続させるのは難しいので「継続的かつ、リスクの少ない集客方法」は常に探していらしゃるのではないでしょうか?

そんな、EC店舗さんがゼロカラできる集客として、このシリーズの第⑤回までは「アフィリエイト」を中心に開設してきましたが、Shopifyの店舗さんにD2C店舗さんや、自分のブランドを大事にしていきたいという店舗さんが多くいるなと感じたので、今回は、

「ブランドイメージを向上させながら集客し、売上を上げる」

手法として「ネイティブアド」の活用をShopifyにおいてどう実行するかという解説をしていきます。

この記事でわかること

・ ネイティブアドとは
・Shopify上でネイティブアドを実行するための「ネイティブアド連携」活用術
・Shopifyの「ネイティブアド連携」アプリ誕生の背景
・ネイティブアドをより理解するためのセミナー情報
・「ネイティブアド連携」の今後の展開


こんなことがわかる内容を書きました。

この記事でわかるのは、ShipifyでEC店舗を運営されている方々が、自社店舗や商品のブランドストーリーを潜在的なお客様に訴求しながら、新規/既存のお客様に情報を発信し、集客し、売上に繋げる方法です。

ぜひ記事の最後まで読んでいただきお仕事の参考にしてみてください。

ネイティブアドとは?

ネイティブアドを、簡単に説明するのは難しいので下記にスクショで表示しますが、解説すると、

「広告を記事コンテンツのような形でユーザーに自然に読んでもらい情報提供をする」もの

です。

わかりにくいですよね^^;

見ていただいたほうが早いと思うので、事例を貼るとこんな感じです!

インフィード型

引用:All about

インフィード型はそのメディアやSNSのコンテンツであるように表示されることが特徴の広告です。
ステルスマーケティングにならないように広告表示の場合は多くが、「PR / Sponsored / Ad / 広告 / プロモーションなどと記載されています。

ターゲットを明確にして広告配信をするため、潜在ニーズを喚起する事が得意です。

ペイドサーチ型

引用:Google

こちらは主にリスティング広告(検索連動型広告)と呼ばれる広告手法です。リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで入力されたキーワードに合わせて検索結果画面に配信される広告のことを指します。

こちらはキーワードが軸となる為、主にニーズが顕在化している層への広告手法として多く活用されます。

レコメンドウィジェット型


引用:All about

インフィード型に似ていますが、こちらは記事の後に表示されている事が特徴です。「あなたにおすすめ」や「関連記事はこちら」などの表示で表記されている事が多くなっています。


このように記事に近い形で、ユーザーに届けていくため、

・広告より自然に潜在層にもアプローチできる
・ブランドストーリー等を含めて訴求できるので、他の広告よりもブランド向上が期待できる
・記事型なのでSNS等での拡散も期待できる

というメリットがあります。

Shopifyの「ネイティブアド連携」アプリ誕生の背景

上記の様に他の広告にはないメリットが有るネイティブ広告ですが、日本国内のネイティブアドプログラムをShopifyで使おうと思うと、強引にタグを埋め込んだりと相当ハードルが高く、エンジニアが社内にいる大きなECでないと今までは実現できませんでした。

そこに課題を感じ、2021年1月にリリースされたのが、株式会社ハックルベリーが開発した「ネイティブアド連携」です。

Shopifyのアプリストアからアプリをダウンロードし、設定をするだけでブランドイメージの向上が期待できる広告がすぐに始められます。(一部審査あり)

Shopifyは、D2Cの店舗さんも多いのでブランドイメージ向上広告はうまく使ってもらえれば強力な武器になるのではと思っています。

それでは、「ネイティブアド連携」の使い方を解説します。

Shopify上でネイティブアドを実行するための「ネイティブアド連携」活用術

ネイティブアド連携は簡単な4ステップで広告配信が可能です。

1. shopify app storeでインストールする

shopify app storeでアプリページに遷移し、アプリを追加する、ボタンで追加をします。こちらよりアプリページを見ることが可能です。

2.popInでアカウントを作成する

以下より、問い合わせを行いpopInのアカウントを作成します。
https://www.popin.cc/home/company.html#

popIn株式会社は、 2008年7月、東京大学情報理工学系研究科創造情報学専攻に所属する程涛の発明をもとに、株式会社東京大学エッジキャピタルの支援によって設立された東大発ベンチャーです

3. popInとshopifyを連携する

popInにログインし、以下のアカウントIDをコピーしてください。

コピーしたアカウントIDをネイティブ広告連携アプリに入力してください。

4. 広告配信設定をする

以下の動画マニュアルに沿って配信したい広告を設定します。
https://manual-tv.com/movie/popIn

ネイティブアドをより理解するためのセミナー情報

この「ネイティブアド連携」ですが、今はまだ国内最大手のpopin Discoveryというネイティブアドプログラムだけの利用ですが(2021/1/13現在)、今後は色々なネイティブアドプログラムが使えるようにしていく予定です。

また、今回のリリースにからめて、より深くShopifyの集客とネイティブアドを理解するためのセミナーを開催します。

1/26 17時からです!

D2Cに最適な集客方法:ECサイトでブランドを訴求しながら集客する方法 -ブランド広告の事例を交えて-

https://popinhb20210126.peatix.com/

是非、この機会にお申し込みください。

インストール & ショップや代理店からのお問い合わせはこちら

この様に、メリット満載の「ネイティブアド連携」のインストールはこちらからできますので、Shopifyストアさんは、是非利用してみてください。

ネイティブアド運営の会社様で提携をご希望の場合はこちらからご連絡ください。

また、「ネイティブアド連携」を運営している、株式会社ハックルベリーは、Shopify構築ベンダーさんや広告代理店さん向けに、Shopifyの集客ツールのレクチャーやアライアンスも行っておりますので、ご興味ある構築会社/代理店さんはこちらからお問い合わせいただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

SNSでもご購読できます。