ECサイトを無料で構築する方法は? すぐ始められるASPも比較!

【おすすめランキング】無料でECサイトを始める方法

無料でECサイトを始める方法は、大きく分けて4つあります。

  •  【1位】無料で始められる「ASPカート」を使う
  •  【2位】Yahoo! ショッピングなどの「モール型ECサイト」を作る
  •  【3位】Wordpressのプラグインを駆使していちから構築する
  •  【4位】無料のオープンソースを利用してECサイトを構築する

ここでは、専門的な知識や経験がない初心者におすすめしたい順番にランキングを付けて詳しく解説していきます。

【1位】無料で始められる「ASPカート」を使う

ECサイトを無料で始めるのにもっともおすすめな方法は、「ASPカート」と呼ばれるシステムを使うことでしょう。

ASPとは「Application Service Provider」の略称で、クラウド上でECサイトを構築して運営できる仕組みのことです。

ECサイトの運営に必要な機能がひととおり揃っているので、専門的な知識がなくてもすぐに運用できる点が大きな特徴です。

無料で構築できるサービスもいくつかあるので、コストをかけずに初めてECサイトを立ち上げたいという人にはおすすめでしょう。

【2位】Yahoo! ショッピングなどの「モール型ECサイト」を作る

ASPの次におすすめなのが、「モール型ECサイト」を利用して構築することです。

モール型ECサイトは、複数のお店が集まって商品を出品する仕組みのこと。

「ららぽーと」や「イオンモール」といった、たくさんのお店が集まった大型ショッピングモールのネット版と考えればわかりやすいかと思います。

モール型ECサイトの例としては、楽天市場やAmazon・Yahoo!ショッピングなどのショッピングサイトなどが挙げられます。

機能の豊富さに加えて、一定の集客力を持った大手のショッピングサイトに出店できるのが大きな魅力の1つです。

ただし、販売手数料がやや割高な点と、出店数が多いため競合との差別化が必要になる点は注意が必要でしょう。

Yahoo!ショッピング

yahooショッピング

Yahoo!ショッピング公式サイト

Yahoo!ショッピングは、無料ですぐに始められるモール型ECサイトの代表例といえます。

多くの人が使うYahoo! の中でお店が作れるので、一定の集客力と認知はとても得やすいといえるでしょう。

Yahoo!はソフトバンクやLINE・PayPayなどといったさまざまなサービスとの連携も充実しており、顧客基盤がしっかりしている点も魅力的ですね。

初期費用が無料なほか、毎月の固定費やロイヤリティもかからないので、ECサイトを立ち上げるまではコストをかけず手軽に行うことができます。

【3位】 WordPressのプラグインを駆使していちから構築する

WordPressを使っていちからECサイトを構築するという方法もあります。

WordPressは、無料で利用できるオープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)のこと。

さまざまなプラグインを活用して、自由自在にホームページが作れる点が大きな特徴です。

以下で紹介する2つのプラグインを活用することでECサイトを構築できますが、WordPressの使用にはある程度の専門的な知識が必要なので、やや敷居が高いといえます。

 Welcart

Welcart公式サイト

Welcartは、ECサイトを構築するためのWordPress専用プラグインの1つです。

決済機能や在庫管理・会員管理などひととおりの機能がそろっており、WordPressでサイトさえ作れれば無料ですぐにECサイトを立ち上げられます。

すぐに使えるデザインテンプレートは豊富ですが、定期購入やクーポン機能・ダウンロード販売などの機能を使うには有料になってしまう点には要注意でしょう。

WP-OliveCart

WP-OliveCart公式サイト

WP-OliveCartも、WordPress用のECサイト構築プラグインの1つです。

ひととおりの機能が揃っているのはもちろん、スマホやパソコンごとに画面デザインを最適化できる「レスポンシブデザイン」に対応している点が大きな特徴です。

商品登録と同時にページを作成できるなど、シンプルで使いやすい点もメリットの1つでしょう。

【4位】 無料のオープンソースを利用してECサイトを構築する

無料のオープンソースを利用してECサイトを構築する方法もあります。

オープンソース型は、あらかじめ公開されている構築システムを利用してECサイトを立ち上げるという方法のこと。

オープンソースでECサイトを構築するには技術的な知識が必要になり、とくに初心者にとっては難しいかもしれません。

また、ソースコードをインストールするには自社サーバーが必要で、サーバーを作るには有料である場合がほとんどです。

そのため、オープンソースでECサイトを構築する場合はあくまでインストールが無料ととらえたほうが良いかもしれません。

日本語にも対応している「EC-CUBE」と呼ばれる無料のサービスを使うのがもっともやりやすい方法でしょう。

EC-CUBE

EC-CUBE

EC-CUBE公式サイト

EC-CUBEは、日本語にも対応したオープンソースのECサイト構築ツールです。

自社サーバーに無料でインストールができて、豊富なデザインテンプレートやプラグインを使えるので、自由自在にお好みのECサイトを作ることが可能になります。

企業のECサイトはオープンソース型であることが多く、さまざまな大手チェーン店などのECサイト構築でもEC-CUBEが使われています。

オープンソースでありながらサポートも充実しているので、サーバーを持っていて開発スキルもあるという人にとってはおすすめでしょう。

誰でも無料で作れるおすすめのASPカートを比較!

無料でECサイトを作る上でもっともおすすめな「ASPカート」についてさらに深掘りしていきましょう。

ここでは、無料で始められるおすすめのASPカートを4つご紹介します。

値段以外のサービスの充実さなどを比較しつつ、自分に合ったASPをぜひ探してみてください。

BASE

base

BASE公式サイト

BASEは、BASE株式会社が運営するASPカートです。

初期費用・月額料金0円ですぐに作ることができ、実際に購入が発生した場合にのみ手数料が発生するという仕組みになっています。

決済方法が豊富である点や、Instagramなど外部連携機能も充実しており、すべて無料で構築できる点はとても心強いですね!

認知度も徐々にアップしている人気のASPカートなので、初めてECサイトを運営しようとしている人にはおすすめです。

初期費用・月額料金 無料
手数料 決済手数料3.6%+40円とサービス利用料3%
商品の登録可能数 上限なし
商品画像の登録可能枚数(無料) 20枚/1商品
HTML/CSS編集
レスポンシブ対応
サポート体制

 

 STORES

STORES公式サイト

STORESも、無料で開設できる人気のASPカートです。

すぐに使えるテンプレートが豊富な点が大きな特徴で、専門的な知識がなくても自分好みのサイトデザインにすることが可能。

基本的な機能は無料で使えますが、ロゴ機能やアイテム動画の埋め込み・配送日指定などの機能は有料のスタンダードプランになります。

いずれは有料でもいいけどまずは無料でECサイトを構築して、おしゃれなデザインにしてみたいという人にはぴったりのサービスといえるでしょう。

初期費用・月額料金 無料
手数料 5%〜
商品の登録可能数 上限なし
商品画像の登録可能枚数(無料) 15枚/1商品
HTML/CSS編集 ×
レスポンシブ対応
サポート体制

カラーミーショップ

カラーミーショップ

カラーミーショップ公式サイト

GMOペパボが運営するカラーミーショップは、フリープランを使うことで気軽にECサイトを構築することができます。

販売手数料がかからず、機能も充実しているので、規模が大きくなっても安心して使い続けられるでしょう。

年に1回、優れたショップを表彰する「カラーミーショップ大賞」も行われており、より良いサイトにしようというモチベーションも上げることができます。

ECサイトを運営するのが初めてだけど、いずれ規模が大きくなってもサービスなどを乗り換えたくない! という人にはおすすめです。

初期費用・月額料金 無料
手数料 6.6%+33円(税込)
商品の登録可能数 上限なし
商品画像の登録可能枚数(無料) 4枚/1商品
HTML/CSS編集
レスポンシブ対応
サポート体制

 イージーマイショップ

イージーマイショップ公式サイト

イージーマイショップは、導入費用や販売手数料などの固定費がかからない点に加え、機能が充実しているという点が大きな特徴のASPカートです。

より解像度の高いきれいな商品画像を登録できるほか、YouTube動画の埋め込みなどがしやすい点など、ユーザーにとって使いやすいECサイトを手軽に構築できる点が大きなメリットの1つ。

月額3,300円のスタンダードプランに入会すれば、オーダーメイド商品やセット販売など、より複雑な商品バリエーションに対応できるのもイージーマイショップならではでしょう。

ECサイトの構築は無料でやりたいけど、いずれは有料プランで様々な機能が使いたい! という人にはおすすめです。

初期費用・月額料金 無料
手数料 5.0%+44円(税込)〜
商品の登録可能数 上限なし
商品画像の登録可能枚数(無料) 50枚以上/1商品
HTML/CSS編集
レスポンシブ対応
サポート体制

 

自分に合ったECサイトの作り方は?

無料で始められるECサイトの作り方を解説してきましたが、実際に自分に合った方法がよくわからない! という人も多いでしょう。

ここでは、経験や知識によってどのような方法でECサイトを構築すれば良いのかを解説していきます。

初心者は「ASPカート」か「モール型」がおすすめ!

専門的な知識がなくECサイトを初めて構築する場合は、まずASPカートやモール型ECサイトを使ってみるのがおすすめです。

基本的な機能がすぐ使えるように提供されているので、誰でも簡単に使い始めることができます。

・なるべく自分好みのデザインにしたい場合→BASEやSTORESなどといASPカートがおすすめ!

・短期間で多くの人に認知されやすく、集客力をアップさせたい!→Yahoo! ショッピングなどのモール型がおすすめ!

開発に自信がある人はWordpressやオープンソースを使うのがおすすめ

Webサイトの開発スキルがあるという人や、自由自在にカスタマイズしてECサイトを作りたいという人は、WordPressやオープンソースを活用したECサイトの構築がおすすめです。

ASPカートやモール型のECサイトは、作れるデザインに制約があることもあるので、確実に作りたいデザインがある人はいちから構築する方法をとるのが望ましいでしょう。

・サーバーなどは持っていないので、初期費用をなるべく抑えてECサイトを作りたい→WordPressがおすすめ!

・WordPressなどを使わず、ゼロからECサイトを構築したい→オープンソースでECサイトを構築するのがおすすめ!

無料で始められるECサイト作成サービスの選び方

初心者でも使いやすいかどうか

ECサイトの作成サービスを選ぶときは、まず初心者にとっても使いやすいかどうかを重視する必要があります。

直感的に操作しやすい管理画面かどうか、ユーザーにとっても操作しやすく、購入につながりやすいかどうかチェックしてみましょう。

作りたいデザインが再現できるかどうか

用意されているデザインやテンプレートが自分好みかどうかもチェックしましょう。

ASPカートやモール型のECサイトを構築するときは、多くの場合テンプレートを活用することになるので、デザインの自由度に制約があります。

テンプレートが理想のデザインに少しでも合うか、または自分のコンセプトに合うかどうかをしっかり確認する必要があるでしょう。

HTMLやCSSの編集ができるASPカートもあるので、どうしても好みのデザインが見つからない人はぜひ活用してみることをおすすめします。

有料プランの機能が充実しているかどうか

無料では使えないけど、いずれは導入したい機能があるかどうかも、作成サービスを選ぶうえでは重要なポイントになります。

今は無料でECサイトを構築しても、規模が大きくなったら有料のものに切り替えて機能を拡張する…… ということもいずれあるかもしれません。

サービスを選ぶ際は、いずれ導入したい機能などもリストアップしつつ、将来を見据えて比較をしてみると良いでしょう。

サポート体制が充実しているかどうか

サポート体制が整っているかどうかも、サービスを選ぶ上では重要なポイントになります。

ECサイトを構築していてわからないことがある場合に、チャットや電話・フォームによるサポートがあればとても心強いですよね。

ユーザー側でトラブルや不明点があった際、代行してサポートを行ってくれるかどうかもチェックポイントの1つになるでしょう。

サービスによっては、24時間いつでも無料相談を受け付けているところもあります。

また、ECサイトの構築そのものを手伝ってくれるサービスもあるので、そちらもぜひ活用してみてください。

コストを抑えつつ手軽にECサイトを構築してみよう!

ここまで、無料でECサイトが構築できる方法やおすすめのASPカートについて解説してきました。

初心者の人が気軽にECサイトを構築するには、ほとんどの場合ASPカートやYahoo! ショッピングなどを使うことになるかもしれません。

導入したい機能や使いやすさなどを比較して、ぜひ自分好みのECサイトを作り上げてみてくださいね。

Button Image Button Image