Shopifyでリダイレクトの設定をマスターしよう!設定ガイドとSEO対策も紹介

Shopifyストアの効率的な運営にはリダイレクト設定が欠かせません。

この記事では、Shopifyでのリダイレクト設定方法とそのSEO対策を詳しく解説します。

オンラインストアを管理する上で、商品ページのURL変更や廃止されたページへの訪問者を適切な場所へ案内するリダイレクトは、ユーザーエクスペリエンスの向上と検索の上位表示には不可欠です。

本記事を読むことで、Shopifyのリダイレクト設定を簡単に行い、SEO対策を強化する方法をマスターできます。

さらに、適切なリダイレクト設定によって、顧客満足度を高めながらトラフィックの流出を防ぎ、売上向上にも寄与することができます。

今すぐこの記事を参考にし、Shopifyストアをさらに成長させましょう。

Shopifyリダイレクトの基本理解

Shopifyでリダイレクトを設定することは、ウェブサイトの構造変更やページの変更時には不可欠です。

基本的に、リダイレクトは古いURLから新しいURLへ訪問者を自動で転送する仕組みであり、これにより404エラーの発生を防ぎ、SEO対策にもなります

Shopifyの管理画面から簡単に設定できるため、この設定ガイドを参考にしながら、適切なリダイレクトを実施しましょう。

リダイレクトとは何か?WEBサイトでのリダイレクトの重要性

リダイレクトとは、あるURLから別のURLへ自動的に訪問者を転送するWEBサイト上の仕組みです。

この技術は、WEBサイトの構造変更やページの移動、削除が行われた際に、ユーザー体験を保護し、SEO対策としても重要な役割を果たします。

リダイレクトの主な役割を見てみましょう。

・ユーザー体験の向上:リダイレクトにより、古いURLにアクセスしたユーザーを新しいページへスムーズに案内し、エラーページの表示を防ぎます。

・リンクジュースの維持:SEO価値がある「リンクジュース」を新しいURLに引き継ぎ、ページランクの低下を防止します。

・重複コンテンツの排除:異なるURLで同じコンテンツが表示されるのを防ぎ、検索エンジンによるペナルティを避けます。

Shopifyプラットフォームでは、これらのリダイレクトを簡単に設定し管理することができ、SEO対策に役に立ちます。

リダイレクトの種類とそれぞれの役割

リダイレクトは、訪問者を別のURLに自動的に転送する方法であり、ShopifyストアのSEO対策に不可欠です。主に以下の種類があります:

1. 301リダイレクト:恒久的なURLの変更を示し、検索エンジンに古いページの「権威」を新しいページに引き継ぐよう指示します。SEO対策に最も効果的です。

2. 302リダイレクト:一時的なURLの変更を示し、古いページのSEO価値を新しいページに完全に移行しないため、長期的な使用は推奨されません。

3. メタリフレッシュ:ページレベルでの自動リフレッシュやリダイレクトを行いますが、転送までのタイムラグが発生し、ユーザーがストレスを感じやすく、離脱されてしまうことがあります。また、転送前後のWebページが別物だと判断されて、検索結果を大いに下げることがあり、SEOには不利とされています。

Shopifyでこれらのリダイレクトを適切に設定することで、ウェブサイトの構造変更や商品のURL更新時にも、検索エンジンのランキングを維持しつつ、ユーザーにスムーズな体験を提供できます。

Shopifyリダイレクトの設定手順

Shopifyでリダイレクトを設定するには、まず管理画面にログインし、「オンラインストア」セクションから「メニュー」にアクセスします。

次に「URLリダイレクトを表示」を選択し、「リダイレクトを作成」ボタンをクリックして、リダイレクト元URLとリダイレクト先URLを入力します。

それぞれのURLの入力が完了したら、「リダイレクトを保存する」をクリックして、設定完了です。

ダッシュボードでのリダイレクト設定方法

Shopifyでリダイレクトの設定を行う方法をマスターすることは、ウェブサイトの管理とSEO対策において重要です。以下は、Shopifyダッシュボードを使用したリダイレクトの設定手順です。

1. Shopifyダッシュボードにログインし、「オンラインストア」セクションに移動します。

2. 「メニュー」を選択し、「URLリダイレクト」をクリックします。

3. 「URLリダイレクトを作成」ボタンを押して、新しいリダイレクトを作成します。

4. 古いURL(リダイレクト元)と新しいURL(リダイレクト先)を入力し、「リダイレクトを保存する」をクリックします。

5. 設定が完了したら、リダイレクトが正しく機能しているかを確認してください。

これらの手順を適切に実行することで、Shopifyストアのユーザーエクスペリエンスを向上させ、SEO効果を高めることができます。リダイレクトは、古いURLから新しいURLへのスムーズな移行を保証し、検索エンジンのランキングを維持する上で役立ちます。

CSVファイルを用いた大量リダイレクトの設定

Shopifyでの大量リダイレクトは、CSVファイルを用いることで効率的に設定することができます

まず、URLリダイレクトの画面で、「インポート」をクリックしましょう。

次に「CSVテンプレートのサンプル」をクリックすると、専用のCSVファイルをダウンロードできます。

そして、ダウンロードしたCSVファイルを開き、前の列にはリダイレクト元URL、後ろの列にはリダイレクト先URLを入力してください。

入力が済んだら、ファイルをアップロードし、インポートの詳細画面を確認して、「リダイレクトをインポートする」ボタンをクリックして完了です。

このプロセスはSEO対策としても重要であり、適切な設定ガイドに従うことで、ユーザー体験の向上と検索エンジンのクロール効率を高めることができます。

リダイレクト設定時の注意点

Shopifyでリダイレクトを設定する際には、いくつかの重要な注意点を理解する必要があります。

まず、リダイレクトはユーザー体験とSEO対策の両方に影響を与えるため、不要なリダイレクトは避け、必要な場合にのみ使用することが肝心です。

次に、301リダイレクトは永久的なものであり、検索エンジンに古いURLから新しいURLへの変更が恒久的であることを伝えます。

対照的に、302リダイレクトは一時的なものと見なされ、SEOの価値は301ほどではありません。

また、リダイレクトループに注意し、リダイレクトループが起きるようなら、対策を講じなければいけません。

最後に、Shopifyの設定ガイドに従い、リダイレクトを正確に実施することで、ウェブサイトのパフォーマンスと検索エンジンランキングの向上につながります。

Shopifyリダイレクトの実践的な活用方法

ドメイン変更時のリダイレクト対応

ドメイン変更時、Shopifyストアでのリダイレクト対応はSEO対策上、非常に重要です。古いURLから新しいURLへのスムーズな移行を確保することで、検索エンジンランキングの損失を防ぎ、顧客体験を維持します。

Shopifyでドメイン変更時のリダイレクトを設定する方法は以下の通りです。

1.管理画面トップの左下の歯車マーク「設定」をクリックし、「ドメイン」→「既存のドメンを接続する」へと進みます。

2.新旧ドメインを管理しているドメイン管理サービスの管理画面から、ShopifyのDNS設定を行ってから、Shopify管理画面(下記画像)で2つとも接続します。

3.うまくいったら、管理画面のドメイン一覧に、接続したドメインが表示されます。

4.新ドメインをプライマリードメインに指定します。

5.旧ドメインのURLにアクセスして、プライマリードメインにリダイレクトされるか確認して完了です。

Shopify管理画面からは、簡単に301リダイレクトを設定でき、これにより永続的なページ移動を指示できます。

この設定ガイドを利用して、ドメイン変更後もトラフィックの流れを保ち、SEOの強化を図ってください。

リダイレクトはデジタル店舗の看板を適切に移動させることに等しく、計画的に進めることが肝心です。

404エラーを防ぐためのリダイレクト活用術

Shopifyでのリダイレクト設定は、404エラーを防ぎ、良いSEO対策となります。ここでは、リダイレクトの設定方法を簡単な手順で説明します。

1. Shopify管理画面にログインし、「オンラインストア」セクションに移動します。

2. 「メニュー」を選択し、「URLリダイレクト」をクリックします。

3. 「URLリダイレクトを追加する」を選び、古いURLと新しいURLの両方を入力します。

4. 入力後、「リダイレクトを追加」ボタンをクリックして保存します。

5. これで、古いURLにアクセスがあった場合、自動的に新しいURLへリダイレクトされ、404エラーを防ぐことができます。

この設定ガイドを参考に、Shopifyストアのリダイレクトを適切に管理し、SEO対策を強化しましょう。

Shopifyのリダイレクト設定のまとめ

Shopifyでのリダイレクト設定は、サイトの構造変更や商品ページの更新時に不可欠です。

この設定ガイドでは、URLの変更が検索エンジンやユーザー体験に与える影響を最小限に抑えつつ、効率的にリダイレクトを行う方法を詳しく解説しました。

SEO対策としても重要なこのプロセスは、Shopifyストアの信頼性とユーザビリティの向上に寄与します。

さらに詳しい情報や関連するSEOのヒントを得るために、当サイト内の他の記事も参照して、サイトの回遊を促しましょう。

Shopifyを使いこなし、リダイレクト設定をマスターすることで、オンラインビジネスの成功へとつなげてください。

 

定期購買アプリ バナー

https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription

\ Shopify JapanアプリアワードにてFast-Growing App Developer of the Year受賞 / 

株式会社ハックルベリーが開発する「売上向上」、「運用」に必要な機能が揃った日本製サブスク。アプリの設定は、Shopifyエキスパートで大手企業のサポート経験多数のECのプロ率いるCSチームが徹底サポート。さらに定期購買機能によって継続的なお客様を獲得し、店舗の売上を向上&安定させることができます!

サブスクに必要な機能はもちろん、サブスク売上のための機能も盛り沢山です。

  • box販売機能
  • スキップ時ギフト機能
  • サンクスページ
  • アップセル機能
  • 解約時アンケート機能
定期購買アプリ インストール

定期購買の詳細はこちら!

Button Image Button Image