fbpx

Youtube動画「Shopifyのメタフィールド、POS、Shop Pay最新機能解説」

Shopify最新アップデート情報

今回の最新アップデート情報ではShopifyに既にある3つの機能に関するアップデートについて解説!

特に3つ目については、全員が知っておくべき重要な情報ですので、最後までチェックしてください。

  • メタフィールドの活用幅が広がったアップデート
  • ShopifyPOSのアップデート
  • ShopPayのアップデートで住所のデフォルト設定が変わりました

 メタフィールドの活用幅が広がったアップデート

メタフィールドの拡張メタフィールドがより柔軟に活用できるようになりました。これにより、カスタムデータの表示がより簡単になり、商品の具体的な情報(例:キャンドルの燃焼時間や靴のサイズ)がカスタマイズ可能になります。

メタフィールドを活用することで、コンバージョンレートを上げることができ、ユーザーフレンドリーなサイトを作成することができます。今までメタフィールドを限定的に使用していた方も、これを機に全体を見直してみてください。

 ShopifyPOSのアップデート

返品ルールの設定ShopifyPOSの新しい機能として、返品ルールの設定が可能になりました。返品のオペレーションが容易になり、特定の商品やコレクションに対して細かい返品ルールを設定することができます。

今までは機能アップデートが少なかったShopifyPOSですが、このコロナ明け以降からどんどんアップデートが進んでいます。

ECだけでなく、実店舗にも展開している店舗さんは、この機能をぜひチェックしてください。

ShopPayのアップデート

住所入力がデフォルト設定可能にShopPayの住所入力がデフォルト設定可能になり、コンバージョンレートの向上が期待されます。

しかし、その一方で引っ越しなどによる住所変更漏れが起こる可能性があります。この点をしっかり理解して、顧客に案内することでミスを防ぐことができます。

まとめ

今回のアップデートをまとめると、以下の通りです。

  • メタフィールドの活用幅が広がり、サイト管理が容易に。
  •  ShopifyPOSの返品ルール設定により、オペレーションが簡単に。
  •  ShopPayの住所入力のデフォルト設定が可能になり、引っ越しなどの際には注意が必要。

これらのアップデートを理解し、運用に活かしていただければと思います。

Button Image Button Image