fbpx

Shopifyで失敗する原因と、事前に回避するポイントを解説!

Shopifyでオンラインショップをスタートする時、成功へ導く秘訣を知ることは不可欠です。

しかし同時に、多くの起業家が遭遇する「失敗」を事前に回避する知識があれば、ビジネスを飛躍的に成長させることが可能です。

本記事では、Shopify立ち上げ時の避けるべき罠から、運営上のありがちなミスまで、具体的な失敗回避策を解説します。

Shopify一般的な失敗<導入編>

商品選定ミスからくる失敗

オンラインストアを始める際、まず陥りがちな失敗の1つは商品選定です。

幅広い商品を扱いたいという意欲は理解できますが、特定のニーズを持つターゲットを設定せずに商品を選ぶことは、方向性のないストア作りにつながります。

また市場ニーズを見極めずに、個人の好みや直感で商品を選ぶことは極めて危険です。

成功するためには、ターゲットとする市場が実際にその商品を必要としているか、あるいは解決したい問題(ニーズ)を持っているかを把握する必要があります。

そして競合分析を行い、すでに市場にある商品との差別化を考えなければなりません。

既に溢れている商品を扱っても、埋もれる可能性が高いためです。

ターゲット設定の誤りとその影響

商品が決まったら、適切なターゲットを設定することで、効果的なマーケティング戦略を築き、顧客理解を深めることができます。

しかし、ターゲット設定が誤っていると、商品ページやマーケティング施策が意図したユーザーに届かず、たとえ高品質な商品を扱っていても売上が伸びないという事態に陥ってしまいます。

具体的な失敗例としては、広すぎるターゲット設定により、一人一人のニーズに合わせたパーソナライゼーションができず、コンバージョン率が低下することが挙げられます。

デザインとユーザビリティの見落とし

そして見落としがちなのが「デザインとユーザビリティ」がクリック率やコンバージョンに直接影響するという事実です。

良質なユーザビリティはユーザーがストアを快適に使いこなすことを意味し、滞在時間の増加やリピート率の向上に繋がります

逆に、複雑なナビゲーションや読みにくいフォント、過剰なアニメーションはユーザーを混乱させ、ストアから離脱してしまいます。

そのため、シンプルで直感的なデザインを心掛け、ターゲットのニーズに沿ったユーザビリティテストを行うことが大切です。

マーケティング戦略の不備

残念ながら、一部のストアではマーケティングの重要性が軽視されているように思えます。

例えば、競合他社のリサーチ不足による市場ニーズの誤解や、ターゲットユーザーへのアプローチ方法を見誤ることが挙げられます。

見込み客への効果的な広告キャンペーンやSNSでの関連性の高いコンテンツ投稿が不足し、結果として売上が伸び悩む事例が多発しています。

良い商品をストアに揃えるだけで売れるのではなく、広報や集客をしなければ、ストアに人は訪れませんし購入もされません

Shopifyで成功するためには、事前に市場を理解し、明確なマーケティング戦略を策定することが欠かせないのです。

SEO対策の怠りとその結果

マーケティング対策の一つとして、SEO対策を怠ると、潜在顧客の目に留まるチャンスを大幅に減少させてしまいます。

オーガニックトラフィックの獲得が困難になり、その結果として売上の停滞や成長の遅延が生じる可能性があります。

特に、適切に選定されたキーワードの使用やメタデータの最適化を怠ると、検索結果でのランキング低下に繋がり、競合他社よりも不利な立場に置かれます。

この点を軽視すると長期的に見てもビジネスの機会損失に直結します。

カスタマーサポートの重要性と失敗例

購入後のカスタマーサポートは顧客満足度を大きく左右する大事な要素です。

適切なサポート体制がないと、顧客からの問い合わせに迅速かつ丁寧に応えることができず、信頼を失う原因になります。

たとえば、商品に関する質問に曖昧な回答をしたり、返品・交換時の対応が遅れたりすると、顧客は不安に思い、顧客離れに繋がります。

また、ページ内のFAQセクションが不十分だと、同じ問い合わせが繰り返され、サポートの負担が増加します。

Shopify一般的な失敗<運営編>

在庫管理の誤算と対処法

商品の過剰在庫や品切れは収益に直結するため、適切な在庫量の維持は必須です。

在庫が過剰になると資金を圧迫し、品切れすれば売上機会を逃してしまいます。

リアルタイムな在庫追跡システムを導入し、Shopifyのダッシュボードを利用して在庫状況を常に確認しましょう。

また、過去の販売データを分析して、需要予測を行い適切な在庫量を維持することも大切です。

さらに、ドロップシッピングなどの手法を取り入れることで、在庫リスクを軽減させる方法もあります。

配送オプションや送料によるカゴ落ち

「配送オプション」や「送料」も、意外な落とし穴となる場合があります。

ユーザーは購入プロセスの最後に配送オプションを選択するため、希望する選択肢がない場合や送料が高いと感じると、購入を見送ることが多いのです。

カゴ落ち(カート離脱)防止のためには、迅速な配送、送料無料の条件設定、時間指定やギフトラッピングなど、さまざまなニーズに応える柔軟なサービスを提供することが重要です。

店舗ポリシーを見直し、可能な限りユーザーの選択肢を広げることで、カゴ落ちの低下に繋げましょう。

価格設定の誤りと市場競争

利益率を保ちながら市場競争に打ち勝つために適切な価格戦略も立てましょう。

あまりにも高い価格を設定してしまうと顧客を失う可能性があり、逆に低すぎる価格は利益を圧迫し、ビジネスを持続不可能なものにすることもあります。

市場調査を行い、競合の価格と自社のコスト構造を考慮して、リーズナブルで利益を確保できる適正な価格を設定しましょう。

決済方法の選択ミス

ユーザーが希望する決済方法を見つけられない場合、カゴ落ちのリスクが高まります。

そのため、適切な決済オプションの選択はユーザー満足度を左右し、結果として購入完了率に大きな影響を及ぼすことがあります。

Shopifyはクレジットカード、デビットカード、PayPalをはじめとする複数の決済オプションを提供しており、Amazon PayやApple Pay、Google Payなどのモバイル決済も利用可能です。

選択する際にはターゲット市場の支払い嗜好を理解し、最も一般的に使用される決済方法を含めることが重要です。

決済方法を追加することで、決済手数料がかかる場合もあるため、その点にも注意しながら導入しましょう。

法規制と税務の見落とし

オンラインストア運営において、多くの事業者が見落としがちなのが「法規制と税務」の問題です。

特に国際販売を行う際、各国の法律、税制、輸入規制に精通していなければ、罰金や販売停止といったリスクに直面する可能性があります。

例えば、特定の商品は輸出入禁止であったり、関税が高額であったりと、緻密な事前調査が欠かせません。

また、税務に関しても、国内であれば消費税の適用漏れ、国外であれば付加価値税(VAT)の申告漏れが起こり得ます。

これらの適切な管理が行われなければ、商売の信頼性を失うだけでなく、法的措置を取られることも。

法規制と税務に関する基本的な知識と注意点を理解し、適切な対策の実施が不可欠です。

Shopify成功の秘訣

成功店舗の共通点とは?

複数の失敗例を挙げてきましたが、Shopifyでの成功店舗の共通点を見ると、顧客のニーズを的確に捉えた商品選び、魅力的なストアデザイン、優れたユーザー体験を提供していることが挙げられます。

また、データ駆動型の意思決定を行い、SEO最適化されたコンテンツで集客力を高める努力も不可欠です。

実際に成功店舗の事例を見てみると、定期的な市場分析を行い商品ラインナップを更新しているケースが多く見受けられます。

ブランディングの成功例

画像引用:https://www.allbirds.jp/

Shopifyでのブランディング成功事例として、”Allbirds”が挙げられます。

このサステナブルなシューズブランドは、独自のエコフレンドリーコンセプトを強力に打ち出すことで市場に差別化を図りました。

彼らは製品の素材や製造プロセスを前面に押し出し、ブランドイメージを一貫させて顧客の共感を呼びました。

結果、ブランドへの忠誠心が高まり、SNSなど口コミでの拡散が見られたのです。

この事例から、独自のストーリーや価値観を持ち、それをコミュニケーションの核とすることが、オンラインストアのブランディング成功に不可欠であることがわかります。

顧客ロイヤルティを高める戦略

「顧客ロイヤルティ」を向上させることで、リピート購入に繋がり収益が安定します。

そのために優れた顧客サービス、パーソナライズされたマーケティング、そして購入特典やポイント制度を提供することが有効です。

例えば、オンラインストア上で顧客の購買履歴を分析し、ターゲットに合った特別オファーや割引をお知らせすることで、顧客満足度を高め、リピート購入を促します。

また、顧客限定のロイヤルティプログラムを導入することで、ファン化に繋がり長期的な顧客関係を結ぶことができます。

クロスセル・アップセルの効果的な活用法

Shopifyストアでの売上向上において、非常に効果的な手法として挙げられるのがクロスセルとアップセルです。

クロスセルは、顧客がある商品を購入する際に、関連する別の商品をレコメンドする機能です。

例えば、スマートフォンケースを購入するユーザーに対して、画面保護フィルムを提案するのが一般的なクロスセルの例です。

一方、アップセルはユーザーが検討している商品よりも高価格または高機能の商品をレコメンドする手法で、ユーザーの満足度を高めつつ平均注文価格を増加させます。

これら二つのテクニックを活用するには、顧客の購買履歴や関心分野に基づいてパーソナライズされたレコメンドを行うことが重要です。

また、購入ページやカートページにおいて、見やすいレイアウトで関連商品を提示し、一度のクリックで追加できるようにすると効果的です。

Shopifyで成功するためのマーケティング戦略

コンテンツマーケティングの効果的な活用

オンラインストアにおいて、コンテンツマーケティングは欠かせない戦略です。

魅力的なコンテンツを定期的に投稿し、ブランド認知度を向上させましょう。

たとえば、製品に関連する知識や活用方法をブログ記事にし、その記事をSNSで共有することで、新たな顧客層にリーチし、オンラインストアのアクセス増加が期待できます。

実際、ユーザーの悩みに寄り添ったコンテンツは共有されやすく、SEOにも有利であるため、オンラインストアの視認性と信頼性を高めることにつながります。

社会的影響力と口コミの活用

社会的影響力や、ユーザーのリアルな口コミは、購入意欲を高める効果的な手段です。

例えば、商品ページにユーザーの満足度を示すレビューや星評価を掲載することで、見込み客に対してその商品の価値を裏付ける証明となります。

また、ニールセンの調査によると、84%の消費者が推薦された商品に対して信頼を寄せると報告されています。

この統計は口コミの強力な影響力を示しています。

オンラインストアの経営者は、ユーザーからのレビューを積極的に集め、それらをウェブサイトやソーシャルメディアに掲載することで、新規顧客の安心感を高めることができます。

またインフルエンサーやユーザーによる商品レビュー動画の共有も、信頼性を高めることに有効です。

メールマーケティングでのリピーター獲得

メールマーケティングは顧客エンゲージメントが強化され、リピート率に直結します。

具体的な戦略として、まず初回購入者に対しては感謝のメールを送信し、製品の使い方やメンテナンス情報を提供します。

さらに、定期的にニュースレターを配信し、新商品情報や限定セールの告知で興味を刺激することも大切です。

また、顧客の購買履歴を分析してパーソナライズされたプロモーションを展開することで、リピーター獲得につながります。

これにより継続的な売上の増加を狙うことが可能になります。

Shopifyで失敗を事前に防ごう!

Shopifyを活用したオンラインストアビジネスは、高い可能性を秘めつつも、適切な知識がなければ失敗につながりかねません。

今回ご紹介した失敗・成功事例を、これからのストア運営にぜひお役立てください。

Button Image Button Image