fbpx

Shopifyの構築費用と相場を比較!長期的目線でコストと質を考えよう

世界最大規模のECサイト作成プラットフォームShopify。「自社サイトをShopifyにしたい」と、いうネットショップオーナーも多いのではないでしょうか。

しかし、皆様の中には「Shopifyをインストールしたのはいいけれど、どうやってショップを構築すればいいか分からない」「他のショップと差別化できるオリジナルのショップを構築したい」という悩みもあると思います。

そこで、今回はShopifyの構築方法について、構築の仕方や料金相場について解説していきます。

Shopify構築を構築する3つの方法

Shopifyは、誰でも簡単にECサイトを運用できるサービスですが、サイトを構築する方法は3つ存在します。

1.自分・自社で構築

一つ目は、自分あるいは自社で構築する方法です。
Shopifyは誰でも簡単にショップを構築できる点が売りです。

Shopifyには、「テーマ」と呼ばれるサイトテンプレートが多数用意されているため、コンピューターエンジニアのように専門的な知識がなくても、デザインも要件も十分なショップを構築できます。

【2022年最新】Shopifyおすすめテーマ21選!無料・有料別に解説

ただし、自分だけのオリジナルショップを構築するには、テーマだけでは難しいでしょう。

Web制作会社に依頼して構築

Shopifyも、Wordpressのような一般的なサイト作成ツールと同じように、Web制作会社に依頼することが可能です。

特に、Shopifyには「Shopify Experts」という構築会社が存在します。Shopify Expertsとは、Shopify公認のShopify構築会社です。Shopifyに関する知識はもちろん、構築実績がある会社だけが得られる称号のため、安心して依頼できるかと思います。

Shopify Experts一覧はこちら

また、Web制作会社によっては、Shopifyへの理解が浅い人や、中にはショップ制作を外注するところもあります。そうすると、意図した内容が制作現場まで十分に伝わらない可能性もあります。Web制作会社を選ぶときは、窓口から制作まで一貫して行ってくれる会社を選んだ方がよいでしょう。

ただし、構築費用がかかってしまうことは考慮すべきポイントです。

Shopifyは、非常に簡単に使えるサービスではありますが、本格的にカスタマイズするにはShopifyへの深い理解が必要になってきますので、依頼の際はShopify Expertsへの依頼をおすすめします。

フリーランス・個人事業主に依頼して構築

ショップ構築をフリーランスにお願いするという方法もあります。Web制作会社に依頼するよりは安く請け負ってくれるでしょう。ショップ構築後の運用まで一貫して行ってくれることもあります。

フリーランスの場合、持っている知識やスキルが個人によって幅があります。
お願いしたのはいいけれど、思ったようなショップが構築されないという可能性も考えておかなければなりません。
フリーランスにお願いするときは、過去の制作実績を数例確認させてもらうようにし、慎重に選びましょう。

予算別Shopify構築のやり方

Shopify構築予算:5万円~30万円

Shopifyの構築を30万円未満で行ってくれるWeb制作会社はほとんどありません。
やってくれるとしても初期設定までという条件付きで、本格的なショップ構築までは難しいでしょう。

この幅の費用感で行うとしたら、自分あるいは自社の人間で構築していくか、フリーランスを探すかのどちらかでしょう。

Shopify構築予算:30万円~100万円

一般的な相場はこれぐらいでしょう。

初期設定に加え、アカウントの取得、サーバーやドメインの設定、商品登録やテーマ設定など、ショップが公開できるまでの導入支援は任せられます。

フリーランスでもスキルが高ければ、これぐらいの相場感でやっている場合があります。
制作実績などを確認して、自社に近い機能やデザインのShopifyサイトを構築した実績があるかを確認すると良いでしょう。

Shopify構築の費用:100万円以上

カスタマイズされたオリジナリティの高いデザインや、Shopifyアプリの追加なども行ってほしい場合は100万円以上になることもあります。

既存のネットショップをShopifyに移行したいという場合もこれぐらいかかります。

基幹システムとの連携など、自社のショップオリジナルのShopifyアプリを開発して欲しい場合は、300万円近い相場になるでしょう。

長期的な目線でコストと質のバランスを考えよう

より本格的なショップを構築するには、それなりのコストがかかってきます。

費用はできるだけ安く抑えたいと思います。しかし、その結果満足のいくショップが構築できずに、売上も上がらなければ意味がありません。

初期構築にお金がかかったとしても、長期的に集客のできるショップであれば、経営的には問題がありません。

Shopifyの事例などを読むことで、Shopifyでどこまで出来そうかのイメージを固め、その上で実績を持ち信頼できる制作会社やフリーランスの方を見つけるようにしましょう。

shopifyの成功事例の総まとめ!国内成功事例7選をご紹介

まとめ

Shopifyでショップを構築する方法はさまざまです。ある程度ホームページ作成などに知見のある人であれば、個人で十分なショップを作れるだけのテーマや機能がShopifyには備わっています。

一方、お金をかけてフリーランスやWeb制作会社に依頼することで、他のショップにはないオリジナリティあふれるショップを作ることができます。
そうすることで顧客の目を引くことができるでしょう。

また、アプリなどを上手く組み合わせることで、運用コストを劇的に下げることなども可能になります。

それぞれのできることをよく吟味して、よりよいショップを構築しましょう。

Button Image Button Image