fbpx

Shopifyの定期購入(サブスクリプション)とは?用語解説から導入方法まで徹底解説!

Shopifyで売上を上げる方法は様々ですが、継続的な収益を得て、EC経営を安定させるには「定期購入(サブスク)」の導入がおすすめです。

今回は、Shopifyを使って作ったECサイトにサブスクを実装する方法をご紹介します。

Shopify初心者の方にもわかりやすいよう、サブスクの用語解説から、実際に導入する方法までご紹介して参りますので、ぜひよろしくお願いいたします。

  1. 定期購入とは?
  2. 定期購入のメリット(消費者にとって・事業者にとって)
  3. 自社に合ったアプリはなにか
  4. 定期購入の始め方

定期購入(サブスクリプション)とは?

従来の”定期購入”は、新聞や化粧品など、ひとつの商品を継続して購入してもらう仕組みを指す言葉でした。

近年は「Apple Music」や「Kindle Unlimited」のような定額制サービスを、定期購入を英語にした「サブスクリプション(サブスク)」と呼ぶようになりました。

Shopifyストアでは定期購入(サブスク)を実装できる機能が備わっています。

定期購入のメリット

消費者側のメリット

  • 買い忘れを防げる
  • 注文の手間を省ける
  • 安く購入できる

はじめに支払いや届け先の設定を済ませれば、その後は自動で決済されます。

毎回の注文の手間がなくなり、常にストックしておきたい日用品や食品の買い忘れも防げます。

一般的に、定期購入の方が割安になったり、送料無料などの特典が受けられるケースが多いようです。

事業者側のメリット

  • 売上金額の見通しが立つ
  • 在庫管理がしやすくなる
  • 長期的な関係で”ファン”になってくれる

売り上げの予測ができれば、経営戦略が立てやすくなり、余裕を持った在庫管理が可能になります。

定期購入で信頼関係を築ければ、顧客は”ファン”となり、家族や友人に紹介して新規顧客として連れてきてくれるでしょう。

Shopifyで定期購入を始めるには?

Shopifyで定期購入を導入する方法は、以下の2つです。

  • Shopifyアプリをインストールする
  • サブスクリプションAPIを使う

Shopifyアプリは、スマホのアプリのように簡単に導入できます。

いっぽうでサブスクリプションAPIを使う場合は、コード編集の知識が必要なため、専門家がいないと難しいでしょう。

 

Shopify定期購入でおすすめするアプリ

代表的な3つのアプリを比較します。

 

定期購買 Bold Subscription Mikawaya Subscription
特徴 ・無料ですべての機能を試せる

・会員ランク機能など
機能複数あり

・日本人スタッフによる安心サポート

・海外製のため基本的に英語

・60日のトライアル期間あり

・無料プランあり(決済手数料は3%)

・日本人スタッフによる安心サポート

料金 無料・49$・299$ 49.99$ 無料・49$
分析機能 アプリ単体で分析可、

Googleアナリティクス連携可

アプリ単体で分析可、

Googleアナリティクス連携可

Googleアナリティクス連携可
決済プロバイダー Shopifyペイメント Shopifyペイメント Shopifyペイメント
有料プランの手数料 1% 1% 1%
決済画面カスタマイズ フルカスタマイズ可 CSSのみカスタマイズ可 CSSのみカスタマイズ可
日本語対応

日本製

×

手動で翻訳が必要

日本製

「定期購買」と「Mikawaya Subscription」は日本製のため、日本の事業者は安心して使うことができるでしょう。

次に、設定方法を解説します。

「定期購買」の設定方法

株式会社ハックルベリー提供の「定期購買」は、国内No.1インストール数の人気アプリです。

万全の日本語サポートと、他アプリにはない「会員ランク機能」が大きな特徴です。

1.アプリをインストール

Shopifyアプリストア「定期購買」のページから「アプリを追加する」をクリックします。

管理画面に移り、「アプリをインストール」をクリックでインストールが始まります。

 

「かんたんインストールする」をクリックします。

画面の指示にしたがってインストールします。

2.プランを作成

アプリのダッシュボード(トップ画面)に戻り、「定期購買のプランを作成する」をクリックします。

「定期購買プランを作成」をクリックします。

画面の指示にしたがって、プラングループとプランを作成します。

3.作成したプランと商品との紐付け

アプリのダッシュボードに戻り、「商品管理ページ」をクリックします。

商品一覧から、プランに紐付けたい商品を選択します。

追加された「購入オプション」から、「購入オプションを追加」をクリックすると、メニューが展開します。

「既存のオプションを選択」をクリックし、先ほど作成したプランを選んで「プランを追加」をクリックします。

これで定期購入できるようになりました。

4.動作確認

最後に、テストモードで確認します。

購入できることを確認したら、販売を開始しましょう。

「Bold Subscription」の設定方法

「Bold Subscription」は、カナダのBold社提供のアプリです。

Shopifyのサイト外に「Buy Button」を設置できるのが特徴。

60日間のトライアル期間があります。

日本語で使う場合は専門知識(Liquidの編集)がないと難しいでしょう。

1.アプリをインストール

Shopifyアプリストア「Bold Subscriptions」のページから「アプリを追加する」をクリックします。

管理画面に移り、「アプリをインストール」をクリックでインストールが始まります。

 

2.Liquidにインストール

Liquidのインストール前に、不具合に備えてテーマのバックアップ(コピー)を取っておきましょう。

インストールオプションは、「Start Automatic Install」を選択します。

※「Manual Install」は専門知識が必要になるため、通常は選ばないでください。

3.決済設定

Shopify本体の決済設定を引き継がないため、アプリ内で設定が必要になります。

ダッシュボード「Payment Settings」から、Shopifyペイメントを設定しましょう。

 4.商品の登録

ダッシュボード「Subscription Groups」から、商品の登録を行います。

「Create Subscription Groups」をクリックします。

和訳すると以下の通りです。 

サブスクリプション情報

:グループの名前

サブスクリプションの頻度

:新しい頻度を入力する

:頻度の名称(お客さんに表示されます)

※「Show advanced setting(詳細設定を見る)」から、特定の日付のみお届けする設定も可能

追加の設定

:割引を追加する

 内容を保存するとダッシュボードに戻ります。

定期購入のステータスをONにし、商品ページに設定した内容が反映されているか確認しましょう。

 5.日本語化の設定

ユーザー側に日本語で表示するには、Liquid(テーマファイル)を編集する必要があります。

また、管理者側のページの日本語化はできません。

「Mikawaya Subscription」の利用方法

「Mikawaya Subscription」は、株式会社フロアスタンダード提供の日本製のアプリです。

こちらも国内企業のため、日本語のサポートを受けることができます。

1.アプリをインストール

Shopifyアプリストア「Mikawaya Subscription」のページから「アプリを追加する」をクリックします。

管理画面に移り、「アプリをインストール」をクリックでインストールが始まります。

2.Shopify Payments(ペイメント)の有効化

Shopifyの決済ページから、Shopify Paymentsを有効化します。

3.テーマにコードをインストール

インストール先のテーマを選択し、「自動インストールを開始」をクリックします。

テーマによっては手動でインストールする必要があるため、確認が必要です。 

4.サブスクリプショングループの作成、商品を紐づけ

「サブスクリプショングループ」から「作成」をクリックします。

管理用の名前をつけ、商品の紐付けを行います。

その後、お届け間隔や割引金額を設定しましょう。

5.顧客アカウントの設定

チェックアウト設定の「顧客アカウント」から、「アカウントを任意にする」 または「アカウント作成を必須とする」を選択します。

これにより、ユーザーはサブスクリプション管理のページにアクセスできます。

Shopifyで実際に定期購入を利用しているストア

定期購入アプリの導入事例を紹介します。

筋肉食堂DELI

画像出典:筋肉食堂DELI

高タンパク低カロリーの冷凍宅配弁当を販売している筋肉食堂DELIは、「定期購買」を採用しています。

累計購入額によって会員ランクが上がり、最大15%の割り引きが適用されます。

https://kinnikushokudo.jp/

v-dog

画像出典:v-dog

アメリカのドッグフード専門店v-dogは、「Bold Subscriptions」を採用しています。

初回30%OFF、次回以降5%OFFなど、同アプリの強みを生かした定期購入をおこなっています。

https://v-dog.com/

まとめ

定期購入の導入方法、代表的なアプリの比較、設定手順を解説してきました。

要点は以下のとおりです。

  • サブスクリプションAPIは手間もコストもかかる
  • Shopifyアプリを使えば簡単に導入できる
  • 消費者のメリットは「安く簡単に買える」
  • 事業者のメリットは「事業が安定する」

Shopifyサイトの構築や定期購入でお悩みの方は、ハックルベリーにご相談ください。

Button Image Button Image