【2024年決定版!】Shopifyサイト-アプリを利用した活用事例を紹介!

Eコマースの世界は絶えず進化しており、Shopifyはその最前線に立っています。

Shopifyサイトの活用事例をご紹介するこの記事では、実際にアプリを活用したShopifyストアの事例を通じて、どの戦略が効果的であったかを学ぶことができます。

この記事を読むことで、トレンドを先取りし、競合他社に勝つためのヒントを得ましょう!

Shopifyとは?初心者にも分かる基礎知識

Shopifyは、ユーザーフレンドリーなオンラインストア構築プラットフォームとして、そのメリットが広く認知されています。

オンラインストアの構築と運営を簡単に行えるため、技術知識がない初心者でも直感的に使用することが可能です。

豊富なテンプレートとアプリにより、個性的なショップの開設が手軽にできるのが大きな利点です。

また、安全な決済システムやSEO対策機能も充実しており、オンラインビジネスを成功に導くためのサポートが整っています。

Shopifyの価格プランとは?

Shopifyは、オンラインストアの構築と運営に特化したプラットフォームで、様々な価格プランを提供しています。

以下に各プランを簡単にまとめているので、ご紹介します。

Shopify スタータープラン

Shopify スタータープランは、Eコマースを始めるにあたって、最も手軽なプランです。

・月額料金:約5ドル(料金は変動する可能性があります)

・特徴:既存のウェブサイトやブログに購入ボタンを追加できます。また、Facebookページでの販売が可能で、Shopify POSアプリを使用して対面販売もできます。

Shopify スタータープランは、すでにウェブサイトを持っているが、それにEコマース機能を追加したい小規模事業者や、ソーシャルメディアを通じて商品を販売したい個人に最適です。

ベーシックプラン

Shopifyのベーシックプランは、小規模から中規模のECサイト運営者に適した料金プランです。

・月額料金:月払いの場合は33ドル/月、年払いの場合は25ドル/月

・特徴:必要な基本機能を含み、小規模ビジネスでも充分な運営が可能

ベーシックプランを選ぶべき対象者は、特にスタートアップや小規模なビジネスオーナーで、コストパフォーマンスを重視しつつ、必要十分な機能を求める方々です。

スタンダードプラン

Shopifyのスタンダードプランは、中規模のビジネスに最適な料金プランです。

・月額料金:月払いの場合は92ドル/月、年払いの場合は69ドル/月

・特徴:プロフェッショナルレポート、ギフトカード、回復メールなどの機能が利用可能。

このプランは、基本プランよりも多くの機能を必要とするが、高度な機能のプレミアムプランまでは必要ないというビジネスオーナーに適しています。

プレミアムプラン

Shopifyのプレミアムプランは、高度な機能と拡張性を求める大規模なオンラインショップ運営者に最適なオプションです。

・月額料金:月払いの場合は399ドル/月、年払いの場合は299ドル/月

・特徴: 高度なレポート機能、先進的なカスタマイズオプション、専任のサポートチームへのアクセスなど、ビジネスの成長をサポートする豊富な機能が含まれています。

大規模な在庫を持ち、複雑な販売戦略を展開する企業や、オンラインがメインで売上をさらに伸ばしたい中規模以上のビジネスに最適です。

ShopifyPlusプラン

Shopify Plusは、大規模ビジネスや高いカスタマイズ性を求める企業向けのプランです。

料金は月額2,000ドルからとなっており、他のプランに比べて料金は高いですが、既にオンラインでの売上が多くある企業は検討するべきプランです。

Shopify Plusの特徴は、無制限のスタッフアカウント、専用のサポートチーム、高度なセキュリティ機能、そしてAPIの利用制限がほぼない点です。これにより、大規模な取引を行う企業や、独自のショッピング体験を提供したい企業に最適です。

Shopifyサイトでお手本にしたいアプリを取り入れた活用事例集4選【2024年版】

2024年版の最新トレンドを取り入れた活用事例集をご紹介しましょう。

今回は株式会社ハックルベリーが提供するShopifyアプリの「All in gift」「定期購買」を導入した企業の事例をご紹介します。

All in giftの事例2選

「All in gift」は、株式会社ハックルベリーが提供するShopifyアプリで、通常ギフトはもちろん、住所を知らなくても贈れるeギフトにも対応したアプリです。

熨斗やラッピング、カタログギフト、配送分割(マルチシップ)も対応しており、14日間の無料体験も可能となっています。

https://apps.shopify.com/sns-gift?locale=ja

・「IMADEYA」様での導入事例

https://imadeya.co.jp/

IMADEYAは、「酒の魅力を今に伝え、未来に繋ぐ」を経営理念として、千葉・都内を中心に日本酒蔵約200社、日本ワイナリー約80件、焼酎蔵約60社をはじめ、世界各国のワインなどを取り扱い、その魅力を発信する酒販事業を展開しています。

そんなIMADEYAのギフトは、日本酒やワインなど幅広いアイテムを約4,000種類から選べ、様々なシチュエーションに合わせたラッピングも用意されています。

IMADEYAでの導入前の課題として、贈り物の選択が難しく、相手の好みがわからないことがありましたが、「All in gift」の導入により、贈る側も受け取る側も気軽にギフトを楽しめるようになりました。

また、メッセージカードの追加やSNSでのギフト送付など、デジタルながらも温かみのあるサービスが提供され、お酒を通じたコミュニケーションが活発化することが期待されています。

IMADEYAのギフトはこちらから>>https://imadeya.co.jp/collections/gift

・「ハートウエル」様での導入事例

https://hartwell.co.jp/

ハートウエルは、1930年創業の日本を代表する老舗今治タオルメーカーです。一貫生産により高品質なタオルの製造、販売を行っています。

定番の今治タオルだけでなく、スタイやポンチョなどのベビーグッズやサウナハット、美容に特化したタオルなども展開しております。

「ハートウエル」のギフトは、品質の高いタオルやタオルグッズを幅広く取り揃え、様々な機能性や風合いから選ぶことができます。

「ハートウエル」での導入前の課題として、贈り物の選択が難しいタオル・ハンカチを扱っており、気軽にプレゼントできる仕組みが必要でしたが、「All in gift」の導入によりe-ギフトを通じて幅広い年代の顧客にリーチすることができるようになりました。

これにより、ギフト効果だけでなく、若年層の顧客獲得も期待されています。

ハートウエルのギフトはこちらから>>https://hartwell.co.jp/collections/gift

定期購買の事例2選

「定期購買」アプリは、株式会社ハックルベリーが提供するShopifyアプリで、直感的でシンプルな設定画面が特徴の定期購買の注文、顧客管理を一括で行えるアプリです。

初回割引、サンプル販売、レンタル、BOX販売など商品やお客様に合わせたサブスク販売が可能となり、商品ページやマイページをブランドに合わせて最適化できる高いカスタマイズ性が特徴となっています。

https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription

「PHYSIIMO」様での導入事例

https://physiimo.com/

PHYSIIMOは、いつでもどこでも簡単に良質なオーガニックカーボを補給する干し芋の開発を行うことで誕生しました。現在は干しいもだけでなく、プロテインなども展開し、今後もアスリートのエネルギーをサポートする商品を提供しています。

「PHYSIIMO」の導入前の課題として、定期便は行っていたものの、お客様ご自身の手で、内容変更、スキップや解約が出来ませんでした。

そこで、「定期購買」アプリの導入により、インストールするだけで、定期購買をスグに始めることができ、お客様より、申し込みがカンタン、変更が手軽とのお声をいただきました

PHYSIIMOの定期便はこちらから>>https://physiimo.com/pages/feature 

ブイクックスーパー」様での導入事例

https://vcooksuper.jp/

ブイクイック社の「ブイクックスーパー」は、ヴィーガン商品専門のネットスーパーであり、300種類以上のヴィーガン商品を取り扱っています。

定期便の「ブイクックデリ」と「ブイクックベーカリー」を通じて、顧客は日常的にヴィーガン生活を楽しむことができます。

また、安心して商品を購入できるよう、製造過程の確認や契約を通じて商品を取り扱っています。

導入前の課題として、Shopifyでの定期決済や配達を実現するための機能が不足していましたが、「定期購買」アプリの導入により、スムーズな決済や配達が実現できました。

また、自社で開発すればデザインのカスタマイズなどがしやすいことから、食品の表示基準など日本の法整備に合わせた対応が可能となりました。

ブイクイックの定期便はこちらから>>https://vcooksuper.jp/

まとめ:今後のShopifyサイトの展望

Shopifyを活用したオンラインストアが、今後も成長を続けることは間違いありません。

本ガイドで紹介した最新トレンドや活用事例を参考にしつつ、Shopifyの柔軟なカスタマイズ性と豊富なアプリエコシステムを駆使することが重要です。

将来展望を見据えた時、ShopifyはAIの統合や拡張現実(AR)を利用したショッピング体験の提供など、さらなるイノベーションを推し進めるでしょう。

これらの進化に合わせて、オンラインストアのオーナーは常に最新のトレンドを把握し、適応していく必要があります。Shopifyの将来は明るく、その可能性は無限大です。

定期購買アプリ バナー

https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription

\ Shopify JapanアプリアワードにてFast-Growing App Developer of the Year受賞 / 

株式会社ハックルベリーが開発する「売上向上」、「運用」に必要な機能が揃った日本製サブスク。アプリの設定は、Shopifyエキスパートで大手企業のサポート経験多数のECのプロ率いるCSチームが徹底サポート。さらに定期購買機能によって継続的なお客様を獲得し、店舗の売上を向上&安定させることができます!

サブスクに必要な機能はもちろん、サブスク売上のための機能も盛り沢山です。

  • box販売機能
  • スキップ時ギフト機能
  • サンクスページ
  • アップセル機能
  • 解約時アンケート機能
定期購買アプリ インストール

定期購買の詳細はこちら!

Button Image Button Image