Shopifyで銀行振込を効率的に活用しよう!

オンラインストアの売上アップにはさまざまな決済サービスに対応することが不可欠です。

多様な決済サービスの中でも、特に決済手数料の負担を軽減できる銀行振込を検討される運用者も多いのではないでしょうか。
そこで、本記事ではShopifyで銀行振込を設定し、効率的に利用するためにはどうしたらいいかを詳しく解説します。

本ガイドを参考に、ぜひ銀行振込を取り入れて売上アップを目指しましょう!

Shopifyと銀行振込の基本知識

Shopifyはオンラインショッピングプラットフォームとして知られており、銀行振込を含む多様な決済方法を提供しています。

銀行振込によるオンライン決済は、国内外のユーザーに安全かつ簡単な支払いオプションを提供し、セキュリティの観点からも高く評価されています。

ただし、手数料や処理時間には注意が必要ですので留意しましょう。

Shopify決済オプションの概要

Shopifyストアの決済オプションとして銀行振込を導入する方法は簡単です。

まず、Shopify管理画面にログインし、「設定」に進みます。次に「支払い」セクションを開き、「手動決済方法」へと進みます。

ここで「銀行振込」を追加し、必要な銀行情報や指示を入力してください。

設定を保存すれば、銀行振込の導入が完了です。

銀行振込の仕組みとは?

銀行振込は、ユーザーが銀行アカウントから販売者のアカウントに直接商品代金を振り込む決済方法です。

ユーザーは注文確定後に表示される店舗の銀行情報を使って支払いを行い、商品代金の受け取りを確認次第、商品を発送します。

なぜShopifyで銀行振込を利用するのか

Shopifyで銀行振込を利用するメリットは様々あります。
第一に、ユーザーが信頼する決済方法として、特にビジネス間取引(B2B)において高い安心感を提供します。

第二に、銀行振込は追跡が容易であり、取引の記録が明確に残るため、会計処理がスムーズになります。

さらに、クレジットカードのような手数料がない場合が多いため運用者にとってとても経済的です。

また、国際取引においても幅広く受け入れられており、Shopifyの決済オプションとしての柔軟性を向上させます。

Shopifyで銀行振込を設定するステップバイステップ

それでは実際に、Shopifyで銀行振込を設定する方法をご紹介しましょう。

アカウント設定の準備

Shopifyで銀行振込を導入する前に、アカウントを設定しましょう。

また、必要な振込情報(銀行名、支店名、銀行口座番号、口座名義)をあらかじめ準備しておきましょう。

銀行振込を決済方法に追加する手順

Shopifyストアに銀行振込を設定する手順は以下の通りです。

1. Shopify管理者画面にログイン

2. 「設定」に進む
管理者画面の左下にある「設定」セクションをクリックします。

3.銀行振込を選択
「手動決済方法」に進み、「銀行振込」を選択します。

4. 銀行の詳細を入力
銀行名、支店名、銀行口座番号、口座名義人など、ユーザーが振込を行うために必要な情報を明記します。

5. 「有効にする」
設定内容を確認しこの決済方法を有効にします。

これで、ユーザーは商品を購入時に「銀行振込」を選択し、あなたが提供した銀行情報への振込で支払いを行うことができるようになります。

銀行振込導入のメリットと注意点

メリットが多い銀行振込ですが、一方でデメリットもありますので注意が必要です。

これらのメリットと注意点を詳しく解説します。

Shopify店舗での利点

Shopifyを使用する店舗にとって、銀行振込を決済オプションに加えることは大きなメリットがあります。

安全性の向上
銀行振込は、不正利用のリスクが低い安全な決済方法です。

ユーザーの信頼を得ることができ、セキュリティ意識の高い消費者を惹きつけることが可能になります。

広い顧客層の獲得
クレジットカードを使用しない、またはオンラインでの直接的な支払いを好まないユーザーにも対応できます。

これにより、潜在的な購買層を拡大することができます。

収益の増加
銀行振込は追加の決済オプションとして導入することで、ユーザーが購入しやすい環境を整え、結果的に収益の増加につながります。

手数料の削減
一部の決済方法と比較して手数料が低いため、経費を抑えつつサービスを提供することが可能です。

これは利益を最大化するポイントとなります。

上記のようなメリットのある一方で、「購入者が支払いを忘れてしまう」「入金確認の手間がかかる」「購入者が入金金額を間違えてしまう」といったデメリットもありますので注意しましょう。

追加の決済オプションとの組み合わせ

銀行振込の他にも、Shopifyでは多様な決済方法を取り入れることができます。他の決済方法を併用することで、様々なユーザーのニーズを叶えましょう。

コンビニ決済との併用

日本でも馴染みのあるコンビニ決済と銀行振込の併用は特におすすめです。

ユーザーはチェックアウト時に自分に合った方法を選べるため、購入の敷居が低くなります。

他のオンライン決済サービスとの連携

クレジットカードをはじめ、デジタルウォレットやキャリア決済など他のオンライン決済サービスとの連携も大切です。

ユーザーの支払い選択肢を広げることで、さらに売上の増加も期待できるでしょう。

複数決済方法の管理と最適化

複数の決済方法を導入することで購入の敷居が低くなる一方で、運用者は管理が複雑になりがちです。

Shopifyでは、ダッシュボードを通して各決済手段をシームレスに管理できるため、運用者は銀行振込を含む各種オプションを簡単に管理することができます。

これにより、手数料の低減、処理時間の短縮、そしてユーザーのお買い物体験が向上するでしょう。

まとめと今後の展望

いかがでしたでしょうか。銀行振込はユーザーにとって親しみやすい支払方法の一つです。

幅広い客層への対応、決済手数料の削減、購入意欲の向上など様々なメリットのある銀行振込を導入し、ストアの売上とユーザー満足度の双方を高めていきましょう!

定期購買アプリ バナー

https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription

\ Shopify JapanアプリアワードにてFast-Growing App Developer of the Year受賞 / 

株式会社ハックルベリーが開発する「売上向上」、「運用」に必要な機能が揃った日本製サブスク。アプリの設定は、Shopifyエキスパートで大手企業のサポート経験多数のECのプロ率いるCSチームが徹底サポート。さらに定期購買機能によって継続的なお客様を獲得し、店舗の売上を向上&安定させることができます!

サブスクに必要な機能はもちろん、サブスク売上のための機能も盛り沢山です。

  • box販売機能
  • スキップ時ギフト機能
  • サンクスページ
  • アップセル機能
  • 解約時アンケート機能
定期購買アプリ インストール

定期購買の詳細はこちら!

Button Image Button Image