【Shopify Edition Summer ’24】住所のエラーを発見して配送失敗の修正がしやすくなりました!

Shopify Editions Summer 2024での変更点

Shopify Editions Summer 2024のアップデートにより、住所エラーの発見・修正機能が大幅に改善されました。この機能の主な変更点は以下の通りです。

リアルタイムなエラーチェック

注文が入力される際に、住所のエラーチェックがリアルタイムで行われるようになりました。これにより、入力段階で問題を検出し、即座に修正することが可能になります。

エラー住所のフラグ機能
問題のある住所にはフラグが立てられるようになり、視覚的にエラーを把握しやすくなりました。管理画面で簡単にエラーを確認できるため、修正作業がスムーズに行えます。

修正に役立つ提案とコンテキストの提供
エラーのある住所には、修正に役立つ提案とコンテキストが管理画面で提供されるようになりました。これにより、具体的な修正方法を簡単に確認でき、迅速に対応することが可能です。

複数チャネルの一元管理
Shopifyで管理しているすべてのチャネルにおいて、統一された住所エラーチェックと修正機能が提供されます。

これにより、複数の販売チャネルで一貫した配送管理が可能になり、全体的な配送失敗を減らすことができます。

データベースのアップデート
住所の検証に使用するデータベースが最新の情報に基づいて定期的にアップデートされるため、新しく変更された住所や新規の住所にも対応可能です。

これにより、エラーの検出精度が向上し、配送失敗のリスクがさらに低減されます。

何ができるようになったか

自動フラグにより、人目でエラーの確認が可能になったことでShopifyで管理しているすべてのチャネルで注文の配送失敗件数が削減されます。

これにより、顧客満足度が向上し、リピーターの獲得にも繋がります。

ショップオーナーはこれらのアップデートにより、効率的かつ効果的に住所エラーを管理・修正することができ、全体的な運営のスムーズ化を図ることができます。

どんな人におすすめの機能か

この機能は、特に以下のような方々におすすめです。

  1. 複数のチャネルで販売を行っている方
    Shopifyは複数の販売チャネルを一元管理できるため、住所のエラーを一括で管理・修正することができます。これにより、全チャネルでの配送失敗を一括で削減することが可能になります。
  2. 効率的な業務運営を目指している方
    自動で住所のエラーを検出し、修正提案を提供することで、手作業の確認作業を減らすことができ、業務の効率化を図ることができます。

 

Button Image Button Image