fbpx

Shopifyの日本語化の方法は?おすすめ日本語対応アプリも合わせてご紹介!

Shopifyを日本語で利用するにはどうすればいいのかを解説します。

管理画面やテーマの日本語設定方法、利用できる翻訳アプリ、おすすめの日本語対応アプリなどを紹介するので、ぜひ活用してShopifyの機能を存分に使ってください。

Shopifyを日本語化しよう!

Shopifyはカナダ発のネットショップ運営サービスですが、簡単に日本語化する方法も用意されているので紹介しましょう。

Shopifyの管理画面を日本語に設定する方法

Shopifyの管理画面はストアを運営している側が見る画面ですが、日本語化する方法を見てみましょう。次の手順に従ってください。

  1. ログインする
  2. 画面右上の自分のアカウントをクリックする
  3. 「プロフィール」をクリックする
  4. 「言語」をクリックすると、言語一覧が表示されるので、「日本語」を選べば完了

特に難しい操作ではありません。

Shopifyのテーマを日本語化する方法

続いて、Shopifyのテーマを日本語化する方法を見てみます。

まず日本語に対応しているテーマの日本語化方法からです。

 

  1. ストア画面左側の「販売チャネル」「オンラインストア」と進み「テーマ」を選ぶ
  2. 「アクション」をクリックする
  3. 「言語を編集する」をクリックする
  4. 「テーマ言語を変更する」をクリックして、日本語を選ぶ
  5. 「保存」ボタンを押して完了

 

日本語に対応していないテーマの場合は、コード編集かアプリの利用で日本語化します。

コード編集はおすすめの方法ではありますが、CSSやHTMLの知識がないとできないので、その場合はアプリを利用します。

Shopifyで越境ECサイトを立ち上げる際に利用したい翻訳アプリ

Shopifyで越境ECサイトを立ち上げることもできますが、その際に利用したい翻訳アプリを紹介しましょう。

TMS翻訳

TMS翻訳公式

TMS(Translate My Store)はShopifyの翻訳アプリで、Shopifyサイトを多言語翻訳、多通貨変換してくれます。特徴は以下のようになっています。

  • AI翻訳に対応
  • 無料プランがある(3言語まで対応)
  • 気に入らない翻訳は手動で訂正できる
  • 有料プランはCSVでエクスポート/インポートが可能
  • カスタマイズしやすい
  • 210以上のShopifyテーマに導入できる

→Translate My Storeはこちら

Weglot

weglot公式

Weglotのいいところは、Shopifyで提供されているすべてのアプリ、テーマの翻訳に対応していることです。

他の翻訳アプリで対応できないものがあったとしても、Weglotなら大丈夫。頼もしいアプリですね。

翻訳できる言語は110以上で、Shopifyストアに多言語機能を即座に追加します。

多言語SEO対策もでき、自動的にhreflangタグ、言語固有のURL、翻訳されたメタデータを追加して、国際的な検索エンジンに表示されるようにします。

→Weglotはこちら

Lang shop

lang shop公式

Lang shopをインストールすると、Shopifyストアを自動で翻訳し、外貨に対応させます。対応言語は200以上です。

14日間の無料体験後は3つのプランから選択が可能。それぞれの料金などは以下の通りです。

プラン 基本プラン スタンダードプラン アドバンスプラン
月額料金 10ドル 34ドル 68ドル
特徴 無制制限の単語数&通貨 + 1語に対する翻訳編集(例 : 英語) 無制制限の単語数&通貨 + 5語に対する翻訳編集(例 : 英語) 無制制限の単語数&通貨 + 20語に対する翻訳編集(例 : 英語)

→Lang shopはこちら

Interlingue

Interlingue公式

翻訳アプリによってはページの表示速度が遅れるものがありますが、Interlingueは他のShopifyアプリに影響を与えず、表示速度が遅くなることがありません。ストレスなく使えます。

一括翻訳も個別翻訳も可能で、手動翻訳もできます。

翻訳データは外部サーバーには保存されず、Shopifyのサーバーにのみ保存されるので、安心・安全です。

→Interlingueはこちら

無料で利用できるShopifyの日本語対応アプリを厳選!

Shopifyの中には無料で利用できる日本語対応アプリがいろいろあります。その中からこれはというものを厳選して、紹介しましょう。

まるっと集客(集客)

まるっと集客は固定費ゼロで、完全成果報酬型のノーリスク集客を行ってくれます。

掲載される広告メディアも様々です。

  • Google広告
  • Facebook広告
  • Instagram広告
  • LINEショッピング
  • Yahoo!広告
  • ポイント、モール、SEOメディアなど

タグの設置は簡単。エンジニアがいなくても最短5分でできます。

日本人による丁寧なサポート付きですから、安心して広告出稿ができるでしょう。

→まるっと集客はこちら

Google&YouTube(集客)

Google&YouTube公式

Google&YouTubeは自社商品をGoogle検索やYouTubeに無料で掲載できるアプリです。

Google検索もYouTubeも利用者が非常に多いですから、広告掲載すれば、大きな反響があることも考えられます。ECサイトへの流入も増加するでしょう。

→Google&YouTubeはこちら

Yahoo!広告連携(集客)

Yahoo!広告連携公式

Yahoo!広告連携では、自社商品をYahoo!検索やYahoo!広告欄に掲載できます。

しかもタグの設置が必要なく、インストールするだけで自動的にタグが埋め込まれます。審査後はすぐに広告配信となるのです。

運用の仕方は、「おまかせ運用」と「自分で運用」の2種類。「おまかせ運用」では予算を設定するだけで自動で適切な広告が配信されるようになっています。「自分で運用」は社内に広告運用が得意な人がいる場合に向いています。

→Yahoo!広告連携はこちら

チャネルトーク(販促)

チャネルトーク公式

チャネルトークはWebチャットおよび顧客管理ツールです。

チャット機能は簡単に自社のECサイトに導入できます。

顧客管理機能では、お客様の情報、名前や連絡先、閲覧した商品、会員登録の有無などの確認ができ、きめ細やかなサポートにつなげられます。

→チャネルトークはこちら

All in gift(販促)

All in gift公式

All in giftをインストールすると、ギフトに関するすべての機能が揃い、販促につなげられます。

通常のギフト配送はもちろん、住所不要のeギフトの配送もできます。

熨斗やラッピング、メッセージカードなどギフトに欠かせないサービス設定も可能です。

マルチシップ機能では、贈りたい商品、及び個数を選択すると個数に応じて配送先を選択することができます。

1回の注文で複数の配送先を設定できます。

ギフトの受取人が配送日時を指定することも可能。住所指定のお届け物にもSNSギフトのお届け物にも対応しています。

→All in giftはこちら

Shopifyメール(リピーター獲得)

Shopify メール公式

ShopifyメールはShopifyが提供するメルマガ機能です。日本語版もあるので、利用に支障はありません。

Shopifyメールでは顧客データを使ってメールを送信するので、メールを通したマーケティングができます。

メールマーケティングで顧客に直接アプローチし、リピート客獲得を目指します。

Shopifyメールの特徴は次の通りです。

 

  • 毎月2,500通まで無料でメールを送信できる
  • 配信済みメールからデータの分析ができる
  • Shopifyの管理画面内で操作できる
  • Shopifyの顧客データと連動できる
  • 使いやすいテンプレートがある

→Shopifyメールはこちら

Simple CX Survey(リピーター獲得)

Simple CX Survey公式

Simple CX Surveyを利用すると、簡単にCX(顧客体験)調査ができるようになり、

その調査結果に基づいてWebサイトや商品を改善すれば、リピーターも増え、さらなる売上増加につながるでしょう。

使い方は、用意されたタグを設置し、簡単な設定を行い、希望のページにアンケートをポップアップ表示させます。

→Simple CX Surveyはこちら

配送&注文サポーター(その他)

配送&注文サポーター公式

配送&注文サポーターはECサイト運営者の配送に関する課題を解決してくれるアプリです。

Shopifyの注文画面では配送日時を選べないのですが、このアプリをインストールすれば可能になります。

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便などに対応した配送希望日と配送希望時間帯を選択することが可能になるのです。

また、倉庫の休業日の設定、特定商品は配送希望日時指定不可などの設定もできます。

→配送&注文サポータはこちら

Shopifyを日本語で利用して、集客を目指そう!

今回は、Shopifyの日本語化というテーマでお送りしました。

Shopifyの管理画面の日本語化は簡単にできます。テーマについては日本語対応のものと対応外のもので設定方法が異なります。

そのほか、記事では無料で利用できるShopify日本語対応アプリも紹介しました。

どれもとても便利なアプリですから、ぜひ使ってみてください。

Button Image Button Image