fbpx

Shopifyで不正注文が起きたらどうすればよい?対策と予防の完全ガイド

オンラインストアの運営にとって、不正注文は大きな頭痛の種です。

セキュリティが強化されつつある今日でも、巧妙な詐欺師たちは常に新しい手口を見つけ出しています。

本ガイドでは、Shopifyで遭遇する不正注文のリスクを最小限に抑え、万が一の際の迅速な対策と効果的な予防策をお伝えします。

Shopifyにおける不正注文の実態

オンラインストアでの不正注文は、運営していく上で大きな悩みの一つです。

詐欺師は偽の情報や盗んだクレジットカード情報を使用して商品を注文し、店舗に損害を与えます。

これらの不正行為は、特に大規模なセール期間中や祝日シーズンに頻繁に発生する傾向があります。

詐欺師はIPアドレスを隠したり、複数のアカウントを使ったりするなど、巧妙な手口でセキュリティ措置を迂回します。

Shopifyユーザーは、奇妙な注文パターンや不審な配送先住所に警戒し、迅速な対策が必要となります。

オンラインショップオーナーにとって、不正注文のリスクを理解し、適切な予防と対応策を講じることが不可欠です。

不正注文が生じる一般的なパターン

不正注文は特定のパターンで発生します。

一般的には、盗まれたクレジットカード情報を使用した注文や、注文時に偽の連絡先情報を入力する手口があります。

また、短期間で高額な購入を繰り返すなどの異常な購入行動が見受けられる場合もあります。

これらのパターンは、Shopifyの強力なセキュリティシステムにもかかわらず、うまく検知を逃れることがあるため、注意が必要です。

これらの不正行為はストアの売上に虚偽の膨らみをもたらし、後にチャージバック(カード決済の取消し)の増加や信用の損失に繋がる可能性があるため警戒が必要です。

Shopifyでの不正注文の影響

不正注文はオンラインストア運営に甚大な影響を及ぼす可能性があります。

利益の損失はもちろん、誠実な顧客への信頼を損なうことに繋がります。

例えば、詐欺行為によって発送された商品が返金される事態になれば、商品の損失と返金処理の手間が発生し、経営に直接打撃を与えることになります。

更に、不正注文への対応で発生する手数料や人件費など、隠れたコストも無視できません。

また、繰り返し発生する不正注文は、Shopifyや決済サービスプロバイダーとの信頼関係にも影響し、将来の取引条件に悪影響を及ぼす恐れもあります。

ですので、不正注文の早期発見と適切な対策はとても大切なのです。

不正注文を検知するためのチェックリスト

不正注文を見分けるためのチェックリストを用意しましょう。

以下の点を確認することで取引の安全性を高め、不正行為を効率的に検出でき、不正注文を未然に防ぐために役立ちます。

注文の詳細を見極めるポイント

見極めるべき重要なポイントをお伝えしましょう。

まず、異常に高額な注文や短期間に同一のクレジットカードから多数の注文があった場合は注意が必要です。

また、配送先住所が注文者のクレジットカードに関連付けられた住所と異なる、あるいはこれまでに問題を起こしたことのある住所に配送される予定であれば、不正の可能性が高まります。

顧客のメールアドレスが一般的でない、またはフリーメールアドレスの使用が多いことも警戒信号です。

Shopifyでの不正注文対処法

不正と判断した注文の取り扱い方

まず注文詳細を確認し、支払い情報や配送先住所に不審な点がないかチェックします。

異常が見られた場合や直感で不正と感じた際は、注文を一時保留にし、購入者に連絡を取り注文の正当性を確認します。

Shopifyのダッシュボードからは簡単に注文をキャンセルすることができますが、不正注文と断定する前に、十分な確認を行うことが不可欠です。

仮に詐欺であることが判明した場合は、適切な報告を行い将来的な不正注文の防止に努める必要があります。

返金処理のステップと注意点

Shopifyで不正注文が発生した場合、返金処理は慎重に行う必要があります。
効率的な返金処理のステップとその際の注意点を説明します。

まず、Shopify管理画面へログインし、「注文」セクションにアクセスして該当する不正注文を見つけます。

次に注文詳細ページから「返金」ボタンをクリックし、返金額と理由を入力して「返金を作成」を選択することで処理を完了します。

以下の注意点に気をつけて返金処理を行いましょう。

・返金は速やかに
顧客への信頼を守るため、返金は迅速に行うことが重要です。

・証拠の保管
今後のトラブル防止のため、通信記録や不正行為に関する証拠は保管しておきましょう。

・セキュリティ設定の見直し
不正注文が続く場合は、Shopifyのセキュリティ設定を見直し追加の対策を講じましょう。

Shopify不正注文防止策の導入

不正注文を効果的に防ぐためには、堅固なセキュリティ対策の導入が欠かせません。

セキュリティツールの利用を前提に、店舗のリスクを最小限に抑えるためのシステムを構築しましょう。

例えば、不正行為の検出と防止を助けるためのアプリを導入したり、取引の確認プロセスを強化することが挙げられます。

加えて、カスタマーサービスの講習を行い、怪しい注文や異常な購買行動を見極められるようにすることも不正注文防止には不可欠です。

有効なセキュリティツールやアプリを使う

不正注文を未然に防ぐためには、セキュリティツールやアプリの利用が欠かせません。

これらのツールやアプリは、疑わしいトランザクションを検出し、不正行為の兆候に対してアラートを発することで、インターネット上の脅威からストアを保護します。

代表的な3つのアプリをご紹介します。

1. FraudLabs Pro


画像引用:https://apps.shopify.com/fraudlabs-pro-fraud-prevention

このアプリは、不審な注文のパターンを学習するAIを使用しており、リアルタイムで不正行為を検出し対処します。

地理的な位置情報、IPアドレス、デバイスの使用状況などを分析し、特定の注文が正規かどうかを評価します。

2. Signifyd

画像引用:https://apps.shopify.com/signifyd

チェックアウト時に注文を評価し、Signifydによって自動的に保留または取り消されます。

このアプリは、機械学習と大量のデータ分析を駆使して、不正注文の予兆を防ぐための強固な保護を提供します。

3. NoFraud


画像引用:https://apps.shopify.com/nofraud-chargeback-prevention-and-protection?locale=ja

カード不正使用や注文詐欺をスクリーニングすることに特化したサービスで、各注文を詳細に分析し、リスクの高い取引を特定します。

不正注文が疑われる場合、NoFraudチームは事業主に連絡し、トランザクションを確認します。

これらのアプリはサイバーセキュリティの脅威からビジネスを守るために不可欠です。

常に最新のセキュリティ対策を採用し、Shopifyストアを安全に運営しましょう。

カスタマーサービスを強化して不正を未然に防ぐ

不正注文を未然に防ぐためには、カスタマーサービスの強化も大切です。

例えば、高額な注文や短期間に多数の注文が入った際には、カスタマーサービスチームが購入者に直接確認を取ることで、不正な取引を阻止できます。

このように、カスタマーサービスの質を高めることは、Shopify店舗の不正防止策としてとても有効です。

Shopifyのセキュリティ機能と活用法

Shopifyではセキュリティ機能が標準装備されています。

例えばSSL証明書が全てのShopifyストアに自動的に提供され、データを暗号化して顧客の情報を保護しています。

また、不審な行動を検知する不正防止ツール「不正解析」が組み込まれており、注文のリスクを評価し、店舗オーナーに警告を発してくれます。

また、パスワードの定期的な更新と複雑な組み合わせの使用、二段階認証の設定も、アカウントの安全性を高めるために効果的です。

これらのセキュリティ機能を理解し、不正注文からビジネスを守りましょう。

Shopifyの標準セキュリティ機能

Shopifyは全サイトにSSL証明書を提供し、データの暗号化と安全性を確保します。

また、不正アクセス防止のために二段階認証を標準機能として導入しており、オンラインストアのセキュリティを強化します。

追加できるセキュリティアプリとその効果

不正注文防止を更に強化するために、先ほどご紹介した様々なサードパーティ製のセキュリティアプリを利用することも有効です。

これらのアプリは、異常なトラフィック検知、ギフトカードやプロモーションコードの乱用防止、不自然な大量発注の警告通知といった機能を提供し、リアルタイムでの監視を効果的に行うことができます。

まとめと今後のShopifyでの安全な取引のために

今回はShopifyでの不正注文防止について解説しました。

日頃から常に不正注文がないかをチェックし、また定期的にセキュリティ監査を行い、ビジネスを守っていきましょう。

Button Image Button Image