【Shopify Edition Summer ’24】ShopifyFlowの柔軟性が更に向上!4つのアップデートについて

Shopify Editions Summer24の新機能について

https://apps.shopify.com/flow?locale=ja

Shopifyは最新のエディションである「Summer24」で、オートメーション機能に関する4つの重要なアップデートを発表しました。

これらのアップデートは、Shopifyを使う店舗運営者がより効率的に作業を行い、ビジネスの成長を支援するためのものです。以下では、それぞれの変更点について詳しく説明します。

shopfyflowを駆使することで様々な自動化をすることができるので是非活用ください。

1. Flowでのメタフィールドへのアクセスがさらに簡単に

今回のアップデートでは、Flow(Shopifyのワークフロー自動化ツール)でメタフィールドへのアクセスがより簡単になりました。

メタフィールドは、商品や注文などに関するカスタムデータを保持するためのフィールドです。

新機能では、ネームスペースとキーを使用してメタフィールド値にアクセスできるようになり、これによりカスタムデータを元にしたワークフローの自動化が容易になりました。

例えば、特定の商品カテゴリに対する割引を自動的に適用するワークフローを簡単に設定できるようになります。

2. Flowの手動再実行

Flowのもう一つの重要な改良点は、ワークフローを手動で再実行できるようになったことです。

これにより、ワークフローが正しく動作しない場合やエラーが発生した場合に、手動で再実行してテストや修正を行うことができます。

この機能は、ワークフローの信頼性を高め、迅速な問題解決を可能にします。

例えば、特定の条件下でクーポンコードが正しく適用されなかった場合、そのワークフローを再実行して問題を修正することができます。

3. Flowトラブルシューティングがより簡単に

Flowのトラブルシューティングがさらに簡単になりました。

新しい検索機能の改善により、ワークフローの実行履歴を簡単に検索して見つけることができるようになりました。

これにより、特定のワークフローが期待通りに動作しなかった場合、その実行履歴を確認し、必要な修正を加えた後に再実行することができます。

例えば、特定の商品が在庫切れになった場合の通知ワークフローを迅速に見つけて修正し、再実行することができます。

4. Flowでほぼすべてのタスクを自動化

最後に、Flowでほぼすべてのタスクを自動化できるようになりました。

これを実現するために、Send Admin APIリクエスト機能が追加されました。

この機能を使用すると、Flowに専用のアクションがない場合でも、ほぼすべてのShopify Admin APIエンドポイントを呼び出すことができます。

これにより、特定のニーズに合わせた高度な自動化が可能になります。

例えば、特定の顧客グループに対して特別なプロモーションを自動的に適用するなどの複雑なタスクを自動化できます。

まとめ

これらの新機能は、Shopifyの店舗運営者がより効率的に作業を進め、ビジネスをスムーズに運営するための強力なツールとなります。

特に、ワークフローの自動化とトラブルシューティングの改善により、運営者はより少ない手間でより多くの業務をこなすことができるようになります。

今回のSummer24エディションのアップデートを活用して、Shopify店舗をさらにパワーアップさせましょう。

Button Image Button Image