fbpx

Facebook 広告のやり方とは? 5つの手順と注意点もご紹介

自社サービスの認知度を上げるために、Facebook広告を使いたいと考えているが、やり方が分からず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

広告にはさまざまな専門用語があり、中々上手くいかない方も多いかもしれません。

Facebookに広告を出すことで、リスクを抑えつつWeb集客できます。

本記事では、5ステップでできるFacebook広告のやり方について解説していきます。広告を出稿する際の注意点についても記述しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Facebook広告とは?

Facebook広告は名前の通り、Facebook上に自社のサービスを掲載できる広告です。他にも、MessengerやInstagramなど、Facebookファミリーと呼ばれる系列のSNSにも広告出稿できます。

Facebook広告の費用は、クリック課金制で1日の上限金額を決められるため、予算が少なくても簡単に広告出稿できるというメリットがあります。

Facebookの広告を配信してみよう

Facebook広告公式サイトより引用

Facebook広告を配信する方法について、順を追って解説します。Facebookへ広告を出すことが初めての方に向けて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

STEP1. アカウントを準備しよう

まずはFacebook広告に必要な、下記のアカウントを作成しましょう。

  • Facebookアカウント
  • Facebookページ
  • ビジネスマネージャー
  • 広告アカウント

Facebookアカウントは、公式ページにアクセスして以下の情報を記入することでアカウント作成できます。

  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号かメールアドレス

Facebooページを作成するには、Facebookアカウントの右上にある「メニュー」をクリックし、「ページ」というタブをクリックすることで作成できます。

Facebookページには、利用するジャンルやカテゴリーを指定できます。

ビジネスマネージャーは、Facebook系列のSNSに出す広告を、複数管理できるシステムです。他にも、1日あたりのクリック数や、ユーザーが広告に対してリアクションした数をグラフとして視覚と数値で確認できます。

STEP2. 広告を作成しよう

Facebookの広告作成は、ビジネスマネージャーの画面から作成します。

まずは、ビジネスマネージャーのアカウントから「広告」をクリックし、画面右上に表示されている「広告を作成」をクリックします。

すると、広告の目的を設定する画面に移動します。目的は、下記の3つから選択できます。

  • 検討:商品の理解を高めてもらう
  • 認知:商品を認知してもらう
  • コンバージョン:商品の購入を促すこと

次は、ユーザーの基本データを絞って購入に結びつきそうなユーザーに絞り込む、ターゲティングをしていきます。

ターゲティングには主に3通りの方法があります。

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

コアオーディエンスは、ユーザーの年齢や趣味など、Facebook上でユーザーがリアクションしたデータからターゲットを絞っていきます。

カスタムオーディエンスは、自社が抱えている顧客リストの情報とFacebookユーザーを照らし合わせてターゲティングする方法です。

さらに、カスタムオーディエンスで絞ったユーザーの行動や、関心に近いユーザーをターゲティングする方法が類似オーディエンスです。

STEP3. 支払い方法を設定しよう

Facebook広告の支払い方法は下記の手順で設定します。

  1. ビジネスマネージャのメニュー欄から「ビジネス設定」をクリック
  2. メニュー欄から「支払い」をクリック
  3. 画面の中心にある「支払い方法の選択」ボタンをクリックする。

上記の流れで支払いに必要な情報の入力欄が表示されます。また、支払い方法はクレジットカードかデビットカードの2択になります。

STEP4. 審査してもらおう

全ての工程が終了すると広告の審査が入ります。Facebookの広告ポリシーに則って審査され、24時間以内に合否が決定します。

審査の通過の有無に関わらず、登録したメールアドレスに連絡が来ます。審査を通過するためにも広告掲載のルールをしっかり把握してから審査に臨みましょう。

STEP5. 改善をしよう

Facebook広告を出稿しても、中々契約につながらなかったりクリックされないなど、うまくいかないこともあります。

そのようなときは、広告素材であるクリエイティブの見直しや、ターゲットとしているユーザーを再定義する必要があるでしょう。

クリエイティブの改善がユーザーのクリック率を上げ、ターゲットを再定義して変更することで、購入につながるユーザーにアプローチできます。

FacebookのようなSNSを回覧するユーザーはスマホを利用することが多いです。そのため、スマホ閲覧を前提としてクリエイティブやターゲットを改善してみるとよいでしょう。

まとめ

Facebook広告は、広告費以外の費用が必要ないので、初めて広告出稿する方に最適の方法と言えるでしょう。

広告を出す方法も、この記事を参考にすることでスムーズに進めることができます。広告を出しても結果が出ない場合は、まずクリエイティブとターゲットを見直してみましょう。

広告費は、1日の上限から期間を絞った上限額まで幅広く設定できるので、広告費のリスクを抑えつつ集客できます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

CPC広告と成果報酬型広告を組み合わせて更に売り上げアップ

リスティング広告やSNS広告など、クリック型課金の広告を試すというのも手ではありますが、サイト運営者としてやはり少しでもリスクは減らしたい所。

そんなあなたにおススメなのが、アフィリエイト施策

このアプリを連携させることで、アフィリエイト広告などが簡単に成果報酬で配信できるようになります。
既に600社以上が利用しており、レビューを見て頂くと分かる通り、既に売上がアップしたという事例も多数あるのが特徴です。

インストールはこちら
https://apps.shopify.com/shopify-application-102?locale=ja

 

SNSでもご購読できます。