ECサイトの作り方を解説!初心者でも安心して始められる方法もご紹介!

現在、本業とは別に副業に取り組む人達が増えています。

その中で、PC1台から始められる事業としてECサイト立ち上げが注目を浴びています。

自社製品を広く売り込みたい企業はもちろん、自分の持ち味を活かした販売、営業を個人でも出来る。

ECサイトはそんな大きな可能性を秘めています。

スキマ時間でコツコツ取り組め、無料でリスクを抑えることが出来ることも魅力の一つでしょう。

本記事では、そんなECサイトの始め方、作り方を初心者にも分かりやすく解説していきます。 

目次

ECサイトの作成方法:3つの主要な方法を紹介

ECサイトを始めたいと考えている方々にとって、無料で始められる方法があったら試してみたいと思うのではないでしょうか?

今回は、無料でECサイトを開設する方法について詳しく解説していきます。

1. ショッピングモールでの出店

ショッピングモールでの出店は、設定が不要で手軽に始められる方法です。

自社ECとの違いは、モール内での集客が期待できる点にあります。

人気モールのランキングも参考に、自分に合ったモールを選びましょう。

またモール内での競争も激しいため、差別化の戦略も考える必要があります。

Yahooショッピング

Yahooショッピング公式

Yahooショッピングは、国内で非常に人気のあるショッピングモールの一つです。

出店しやすく多くのユーザーにアクセスされるため、販売機会も増えます。

特に、ヤフーのサービスとして「ネットショップ開業無料」というキャンペーンも行われており、初期費用を気にせずにスタートすることが可能です。

さらに、Yahooショッピングは様々なジャンルの商品が取り扱われており、自分の商品に合ったカテゴリーで展開することができます。

また、PayPayとの連携も強化されており、ユーザーにとっても購入時の利便性が高まっています。

メルカリ

メルカリ公式

メルカリは、個人間での売買が主体のフリマアプリです。

手軽に自分の商品を出品でき、販売もスムーズに行えます。

出品自体は無料で、売上が発生した際に一定の手数料が発生します。

これにより、リスクを最小限に抑えて取引を開始することができます。

また、メルカリはスマートフォンから簡単に出品できるため、手軽に始められる点が特徴です。

さらに、メルカリは取引の安全性を高めるためのシステムを導入しており、初めての方でも安心して利用できるサービスとなっています。

2. ASPサービスを利用したサイト構築

自分だけのオリジナルなECサイトを持ちたい方には、ASPでの簡単構築がおすすめです。

多くのASPカートが存在し、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分のビジネスに合ったASPを選ぶことが重要です。

ASPを利用することで、専門的なプログラミングの知識を自分が持っていなくとも、自分だけのオンラインショップを作ることができます。

カラーミーショップ

カラーミーショップ公式

カラーミーショップは、日本国内で非常に人気のあるASPサービスです。

特に初心者に優しいインターフェースと、豊富な機能が魅力として挙げられます。

サイトからの情報によるとフリープランとしての利用も可能で、新しいショッピングカートに対応しているようです。

しかしフリープランには制限があるため、具体的な機能や取引量に応じて適切なプランを選択することが推奨されます。

Shopify

shopify 公式

Shopifyは、グローバルに展開するECサイト構築プラットフォームとして知られています。

多言語対応や豊富なテンプレート、アプリストアなど、多岐にわたる機能を提供しています。

Shopifyの公式サイトには「無料体験をはじめる」というセクションがあり、クレジットカードなしで3日間の無料体験が可能であることが示されています。

しかし、長期的な運用を考えると、月額料金が発生するプランを選択する必要があるでしょう。

これらのサービスは、無料で始められるオプションを提供していますが、全ての機能やサポートを享受するためには有料プランの選択が必要です。

したがって、サービスを選ぶ際には、自身のビジネスニーズや予算に合わせて適切なプランを検討することが重要です。

3. WordPressを使用した自社サイトの構築

自社サイトが既にある方は、WordPressでのECサイト構築も一つの方法です。

しかし、WordPressを使ったECサイトの作り方にはメリットとデメリットがあります。

自由度が高く、自分の意のままにデザインや機能をカスタマイズできる利点がありますが、セキュリティや運用の面での知識が必要となることもあるため、注意が必要です。

初心者向けECサイト開設の方法ガイド

初心者にとってECサイトの構築は難しく感じるかもしれませんが、ASPカートを活用することで誰でも簡単に始めることができます。

自分でサーバーを用意したり運用保守を行う必要がなく、初期・月額費用も安価なのが魅力です。

この章では、初心者向けのECサイトの開設ガイドを詳しく解説します。

さらに、自分のブランドを強く打ち出す方法や、SEO対策、SNSマーケティングなど、成功への道筋をしっかりと描いていきます。

1. まずは分析から「敵を知り己を知れば百戦危うからず…」

ECサイトを立ち上げるには、競合他社との差別化が重要です。

自己分析と市場分析を行い、自分の強みと弱みを明確にしましょう。

競合他社との違いを明確にすることで、顧客に選ばれる理由を作り出せます。

自分のサイトが何を提供し、どういった顧客に向けているのかを明確にすることで、効果的な戦略を立てることができます。

開設したいECサイトの方向性を明確にしよう!

自分のECサイトの方向性を明確にし、何を売りたいのかを考えることが重要です。

どんな風に続けていきたいのか?何を売りたいのか?

売りたい商品やサービスに合った戦略を立て、成功への道を切り開きましょう。

商品の特性や、ターゲット層のニーズに合わせて戦略を細かく練り上げることで、より効果的な販売が可能になります。

市場リサーチの重要性

市場リサーチは、競合他社の動向や顧客のニーズを把握するために不可欠です。

効果的な戦略を立てるために、市場の動向を常にチェックしましょう。

市場リサーチを通じて、自社の商品がどのような位置づけにあるのか、どういった顧客層に向いているのかを明確にすることができます。

自分のお店をプロデュース!サイトデザインの構築

ECサイトのデザインは、お客様に与える印象を大きく左右します。

売れるECサイトのデザインには3つのポイントがあります。

それは、使いやすさ、視覚的な魅力、ブランドイメージの一貫性です。

これらの要素を融合させることで、お客様にとって魅力的なサイトを作り上げることができます。

デザインの細部にまでこだわり、ユーザーの心をつかむサイト作りを目指しましょう。

ブランドイメージのアピール「自分色」出していこう!

自分のブランドイメージを強く打ち出すことで、他のサイトと差別化を図ります。

色使いやロゴ、フォントなどを工夫し、自分だけのオリジナルな世界観を作りましょう。

ブランドイメージを一貫させることで、信頼性と認知度を高め、リピート顧客を増やすことができます。

UI設計、レスポンス改善

親しみやすいデザインと快適な操作感は、リピート顧客を増やす鍵です。

UI設計を工夫し、ユーザーがストレスなく操作できるサイトを目指しましょう。

サイトの使いやすさを追求することで、顧客満足度を高め、長期的な関係を築くことが可能になります。

商品掲載順は非常に重要!

商品の並べ方一つにも工夫が求められます。トレンドを取り入れたデザインや、商品の配置によって、おしゃれなECサイトを演出できます。

商品の配置やカテゴリー分けなど、細部にわたって工夫を凝らすことで、購買意欲を高めることができます。

売れるECサイトのデザイン4つのポイント!参考になる事例も紹介!

目立ってナンボ!SEO対策とマーケティングの方法

ECサイトの運営において、SEO対策は欠かせない要素です。

検索エンジンで上位表示されることで、多くのユーザーにサイトを訪れてもらえるチャンスが広がります。

SEO対策は単なる技術ではなく、戦略的なマーケティングの一部。売上アップを目指すなら、この分野の理解と実践が必須です。

SEOの成功は、サイトの内容、構造、外部リンクなど多岐にわたる要素が絡み合う複雑なもの。

専門的な知識と経験が求められるため、プロの支援を受けることも一つの選択肢です。

<引用元>【保存版】ECサイトで売上アップを目指すSEO対策を完全解説!

SEO対策の基本は?これさえ抑えておけばok!

SEO対策の基本は、サイトの内容を検索エンジンに理解してもらうこと。

キーワード選定、内部リンクの最適化、高品質なコンテンツの提供などが重要です。

これらの要素を組み合わせることで、検索結果で上位に表示されるようになります。

SEOの基本を押さえ戦略的に取り組むことで、ECサイトの成功への道が開かれます。

SEOの世界は日々変化するため、最新のトレンドを把握し柔軟に対応する能力も必要です。

SNSの活用も必須!

ECサイトのプロモーションには、SNSの活用も欠かせません。

X(旧Twitter)やFacebookなどのSNSを使って、商品やサービスの情報を発信。

フォロワーとのコミュニケーションを図りながら、信頼関係を築いていきましょう。

SNSの力を借りることで、より多くの人々にサイトを知ってもらうことができます。

SNSマーケティングは、SEO対策と並行して取り組むべき重要な戦略の一つです。

SNSを活用することでより広い層にアプローチし、ブランドの認知度を高めることが可能になります。

ECサイトでかかる費用は?

ECサイトを始める際には、様々な費用が発生します。

初期費用、手数料、運営費など、計画的に進める必要があります。

失敗しないためにも、事前にしっかりと費用を把握しておくことが重要です。

予算の管理はビジネスの成功に直結するため、慎重に進める必要があります。

以下では、初期費用と手数料について詳しく解説します。

また、運営費についても触れ、全体の費用構造を理解するための指針を提供します。

初期費用

ECサイトを立ち上げる際の初期費用は、サイトの規模や機能によって大きく異なります。

自社で開発する場合は数百万円かかることもあれば、ASPサービスを利用すると数万円で済むこともあります。

具体的な費用は以下の通りです。

  • 自社開発:数百万円
  • ASPサービス:数万円~数十万円
  • テンプレート利用:数千円~数万円

自社開発はカスタマイズが容易ですが、費用が高くなります。

一方、ASPサービスやテンプレート利用は初心者にも取り組みやすく、費用を抑えられるメリットがあります。

手数料

ECサイトの運営には、さまざまな手数料が発生します。

特に決済手数料は、販売金額に応じて変動するため、しっかりと計算しておく必要があります。

主な手数料は以下の通りです。

  • クレジットカード決済:3.6%~3.85%
  • コンビニ決済:4%~5%
  • 銀行振込:固定手数料

また、ショッピングモールでの出店時には、売上の一部が手数料として引かれることが一般的です。

手数料の計算は複雑であり、売上に大きく影響するため、専門の知識が求められることもあります。

 

これらの費用を把握し、計画的に進めることで、ECサイトの成功へとつなげることができます。

ただし最初から全てを揃える必要はなく、段階的に投資をしていくことも一つの方法です。

予算の範囲内で効果的に投資を行い、サイトの成長に合わせて資金を投入する戦略も有効です。

最終的には、費用対効果を最大化するためのバランスが求められるでしょう。

ECサイト構築の費用相場は?制作方法や費用内訳もあわせて徹底解説

ECサイトでの売上はどれくらい見込める?

ECサイトの運営は、個人から企業まで幅広く取り組まれています。

しかし、実際の収益はどうなのでしょうか?

ECサイト運営で収入を得ることは出来るのでしょうか?

具体的な数字については、運営形態や商品の種類、マーケティング戦略などによって大きく異なります。

成功するECサイトとそうでないサイトとの違いは何なのか、どのような戦略が収益を上げるのか。

以下の見出しでは、ネット上の情報からの調査と実際のシミュレーションを通して、ECサイトでの収益の実態を深く探ります。

ネット上の情報から調べてみよう!

インターネット関連の業種における年収は、平均で約461万円とされています。

ネットショップの運営者にとっても、収益は様々な要素に影響されるため、一概に言えません。しかし、ネットショップの年収は、平均で約400万円から600万円程度とされています。

これらの情報から、ECサイトの運営は一定の収益を上げる可能性があることがわかります。しかし、成功するためには、ターゲット市場の選定、商品の選び方、価格設定、プロモーション戦略など、多岐にわたる要素が絡み合っています。

本当のところはどうなの?シミュレーションしてみた。

ECサイトの収益をシミュレーションするには、商品の単価、販売数、運営費用などの要素を考慮する必要があります。

例えば、単価1000円の商品を月に100個販売し、運営費用が月に3万円だとすると、月収は7万円、年収は84万円となります。

しかし、これはあくまで一例で、商品の種類や価格、販売戦略などによって大きく変動します。

成功するためには、市場分析や戦略の立案、効果的なマーケティングなど、様々な要素を慎重に考慮する必要があります。

さらに、競合分析、顧客対応、サイトの使い勝手なども重要な要素となります。

ECサイトの運営は単純なビジネスではなく、多くの要素が組み合わさった複雑な構造であるため、計画的に進めることが成功への鍵となります。

ecサイトのメリットデメリット紹介

ECサイトの運営は、多くの企業や個人にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、その背後にはメリットとデメリットが存在します。

ここでは、それぞれの側面を詳しく見ていきましょう。

ecサイトのメリット

  • ECサイトの運営は、24時間365日の販売が可能
  • 地域にとらわれずに商品を提供できる
  • 実店舗を持たないための経費削減
  • 顧客データの分析を通じた効果的なマーケティング
  • 個別の販促施策の展開

など多岐にわたる利点があります。

ecサイトのデメリット

一方で、デメリットも無視できません。

  • 実物を手に取って確認できないため、商品の魅力を伝えるのが難しい点
  • WEBに関連する多岐にわたるスキルが求められるため、専門的な知識が必要
  • 競合が多く、売上が安定するまでに時間と労力が必要な場合もある

これらのメリットとデメリットを理解し、戦略的にECサイトを運営することで、成功への道を切り開くことができるでしょう。

最適な運営方法を見つけ、ECサイトでのビジネスを展開してみてはいかがでしょうか。 

ecサイト運営に必要な許可や資格を紹介

ECサイトを運営する際には、法律や規制を遵守する必要があります。

特に、販売する商品の種類によっては、特定の許可や資格が必要となることがあります。

以下では、ECサイト運営に必要な許可や資格について詳しく解説します。

ECサイト運営するための必須資格

ECサイトを開業する際、扱う商品にはよっては必要な許可や資格が存在します。

特に食品や医薬品などの製造から販売までを行う場合には必ず確認しておきましょう。

これらの許可や資格は、消費者の安全を守るために重要なものであり、適切な手続きを行わないと罰則が科されることもあるため、注意が必要です。

<引用元>ネット販売に必要な許可や資格とは?知るべき法律や規制・開業届もあわせて紹介!

食品販売業許可

自身で食品を製造・販売する場合に必要な許可で、都道府県から取得します。

衛生管理体制の確立や施設の基準などが審査されます。

詳細は各都道府県の保健所に問い合わせると良いでしょう。

薬剤師免許

自身で医薬品を製造・販売する際に必要な資格で、国家試験に合格する必要があります。専門的な知識と技術が求められます。

詳細:厚生労働省 薬剤師国家試験のページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakuzaishi-kokkashiken/index.html

酒類販売業免許

自身でアルコール飲料を製造・販売する場合に必要な免許で、都道府県から取得します。

販売方法や保管状態などが審査されます。

詳細は各都道府県の税務署に問い合わせると良いでしょう。

古物商許可

中古品を販売する場合に必要な許可で、警察署から取得します。

営業所の条件や経営者の適性などが審査されます。

詳細:警察庁 古物営業法

ECサイト運営でスキルアップして差をつける!便利なスキルを紹介!

ECサイト運営においては、必要な許可や資格だけでなく、運営スキルの向上も重要です。

特に、サイトのデザインやマーケティング、分析などのスキルが求められます。

Webデザインの資格やGoogle Analyticsの資格など、ECサイト運営に役立つ資格や検定が多数存在します。

これらの資格を取得することで、サイトの運営や集客、分析のスキルを高め、競合他社との差別化を図ることができます。

Webデザインスキル

サイトの見た目を整えるためのスキル。

Webデザイン技能検定などの資格があります。

HTML、CSSなどの知識が求められます。

SEO対策スキル

検索エンジンでの表示順位を上げるためのスキル。

Google Analytics Individual Qualificationなどが役立ちます。

キーワード選定や内部リンクの最適化などが重要です。

マーケティングスキル

商品の販売促進のためのスキル。

マーケティング検定などの資格があります。

ターゲット分析やプロモーション戦略の立案などが求められます。

プログラミングスキル

サイトのカスタマイズなどに必要なスキル。

プログラミングスキル認定試験などが役立ちます。

JavaScriptやPHPなどの言語知識が必要です。

データ分析スキル

販売データの分析に必要なスキル。

データ分析関連の資格が役立ちます。

統計学の基礎やデータビジュアライゼーションの技術などが求められます。

これらの資格やスキルはECサイト運営において重要なもので、専門的な知識と技術を身につけるために役立ちます。

個人で始めるecサイトでスキマ時間を活用しよう!

ECサイトの立ち上げは、個人でも企業でも取り組むことができる時代となりました。

本記事では、ECサイトの始め方から構築、運営に至るまでのステップを詳しく解説しました。

無料で始められる方法から、自社製品の販売、サイトデザインの構築、SEO対策とマーケティング、お金事情、メリット・デメリット、必要な許可や資格まで、幅広くカバーしました。

個人でECサイトを始める際には、スキマ時間を活用してコツコツと取り組むことが鍵となります。

自分の持ち味を活かした販売や、自分色を出したお店作りが可能です。

また、適切な資格やスキルを身につけることで、よりプロフェッショナルな運営が可能になります。

さらに、自身でShopify構築が出来るようになると、副業案件として他社のECサイト構築や運用保守などのお仕事を受けることも出来るようになります。

Shopify構築の副業事情!週1-3案件の探し方とおすすめの求人サイトを紹介 | DAINOTE

 

ECサイトは、副業としても本業としても大きな可能性を秘めています。

始める際のハードルは以前よりもずっと下がっており、誰でも挑戦できるフィールドとなっています。

この記事が、ECサイトを始めたいと考えている初心者の方々にとって、一歩踏み出す勇気と指針となることを願っています。

最後に、法律や規制には十分注意して正しい手続きを踏み、安全なECサイト運営を目指しましょう。

Button Image Button Image