fbpx

AI活用が簡単に!Shopify Magicが使える場所が増える

EC業界のみならず、ビジネス全体で注目されているAI・機械学習ですが、それのShopifyバージョンがShopify Magicです。

元々いくつかの場所で使えるようになっていたShopify Magicですが、どんどんと使える場所が増えています。

商品画像の編集ができるように

商品画像の編集は、Photoshopなどを使われていましたが、近年ではCanvaを使うなど、非常に選択肢が広がっています。各それぞれのツールの中で、AIが活用されていますが、これがShopifyの中にまで入り込んできました。

文字などで背景の指定などをすると、背景が生成されるなど、細かいところで便利に使えそうですね。

ちなみにこの機能は2024年初旬リリース予定とのこと

「Sidekick」でShopify内でもAIが使えるように

Edgeなどで使われるCopilotようにチャットのようにAIに質問ができる欄が出てきました。

日本現時点ではアーリーアクセスの機能なので全店舗では使えないようです。

すでに日本語にも対応しているなど、期待が持てそうです。

まとめ・見解

ShopifyというECに特化したプラットフォームでかつアップデートが常にされているプラットフォームだと、どうしてもChatGPTなどの外部ツールだとアップデートを追いきれないなどが出てくるので、プラットフォーム特化のAIが出てきたのはとても嬉しい事だと思いますね。

AIをまだ使ったことがない方は、気を付けていただきたいのですが、AI、まだまだ30点~40点くらいのアウトプットしか出てこないので、これを全部そのまま使おうとすると、期待外れ、で終わってしまいます。

何もない状態からさっとアイデアを出してもらい、それを叩きとして作っていく、など、使い方を見つけていくとドンドンと便利になっていくので、ぜひ使ってみてくださいね!

Button Image Button Image