fbpx

Shopifyで売れない原因はWeb接客が不十分だから!?顧客目線を大事に運営しよう

shopifyで、ネットショップを運営していく中で「思ったよりも売上が伸びない」といった悩みを持つ人はたくさんいます。

これに対して、新商品の開発やサイトデザインの変更など、様々な対策を行いながら何とか現状を打開しようと模索していると思います。

しかしそれでも「ショップの売上が伸びない」「顧客が商品の購入まで至ってくれない」といった方も多いのではないでしょうか?

今回は、そういった方に向けて、ネットショップにおいての盲点である「Web接客の改善」について解説していきたいと思います。

Shopify売れない原因はWeb接客が不十分だから

shopifyで商品が売れない原因は、ショップの利用しやすさや、集客方法がサイトとマッチしているかなど、様々な要因が考えられます。

その中でも「Web接客」はネットショップを運営してく上でとても大事な要素になります。

「ネットショップなのに接客?」という疑問を持つ方もいるかと思いますが、ネットだからこそ顧客が求めているものに敏感に反応することが必要になってきます。

Shopifyにおける主なWeb接客

ここからはshopifyで行うことができるWeb接客は、どのようなことがあるのかを紹介していきます。

これらの要素をネットショップに盛り込むことによって、顧客の満足度を高めて購入に繋がる可能性を上げることができますので参考にしてください。

ネットショップのデザイン性

実店舗ではショップの雰囲気を見てから店舗に入店するのと同様に、ネットショップにおいても「サイトの見栄え」はとても重要です。

ショップを訪れた際に目を引くデザインであることは顧客の離脱率に大きく影響します。

顧客の滞在時間を伸ばす為には、人気のある商品や新商品、注目のキャンペーンなどをサイトのトップに表示させるなどの工夫をして顧客の興味を引くデザインにする必要があります。

サイト内の動線を顧客目線で構築

顧客がサイトを訪れてから商品を選び購入に至るまで、スムーズにサイトを巡回できるようなサイトを構築することで顧客の満足度に大きな影響を与えることができます。

カテゴリや検索窓の設置、カートの見やすさ、支払い方法や個人情報の記入など、いたる所に顧客のストレス要因となる箇所が存在しています。

これらをブラッシュアップしてより使いやすいサイトを構築することで購入率アップを計ることが出来ます。

顧客目線の運営

ネットショップを運営していくうえで大事な考え方は「顧客の目線に立ったショップの構築」です。

デザイン性ばかりに気を取られていると、顧客がサイトを訪問してから商品を購入するに至るまでの流れを忘れてしまいがちです。

売上を伸ばすためには、サイトを運営してく中でデザイン性と機能性のバランスを常に意識し、改善していくことがとても重要になります。

商品情報の最適化

集客に成功したとしても、顧客が目当ての商品を見つけられなければ当然購入には至ってくれません。

主力の商品や新作商品をサイトトップに表示させたり、カテゴリー別に商品を管理したりなど、初めてサイトを訪問した顧客でもすぐに目当ての商品を見つけられるようにサイト内のメンテナンス常に意識しておきましょう。

ショップ情報を作り込む

ネットショップでは特に「ショップに対する信頼性」が重要になってきます。

有名ブランドであればある程度の信頼を得ているため意識する必要はありませんが、そうではないショップの場合はそうはいきません。

「本当にこのショップの商品の品質は大丈夫なのだろうか?」といった顧客の不安を解消するために、ショップの歴史や立ち上げに至った背景を載せるなどの工夫をすることによって、顧客の不安を少しでも減らす工夫をしておくと良いでしょう。

レスポンスの速さ

顧客に対するレスポンスの速さも商品を購入してもらうためには重要な要素になります。

お問い合わせなどに対するレスポンスが遅い場合、返信を待っている間に購入意欲が低下し、顧客の心は離れていってしまいます。

お問い合わせ以外にも、商品の到着日数が遅い場合も顧客の商品に対する熱量が低下し、商品の評価やサイトへの再訪問に影響を与えてしまいます。

何事に対しても、レスポンスは速いに越したことはないので常に意識を高く持ちましょう。

様々な決済方法に対応する

顧客側の目線に立つと、決済方法の多さは商品の購入しやすさにとても影響してきます。

クレジットカード決済や銀行振込などはもちろんのこと、近年ではPayPayやAmazon Payなどの「オンライン決済サービス」を利用している人も増えてきています。

こうした決済方法に対応しておくと売上を伸ばすきっかけになる可能性がありますので対策しておきましょう。

カゴ落ち対策

商品がカートにある状態でネットショップを離脱してしまうことを「カゴ落ち」と言います。

このカゴ落ちの対策は売上をアップさせる上でとても大事になってきます。
商品をカートに入れているということは商品の購入意欲が高い顧客であることを意味しています。

そうした顧客を逃すことは大きな機会損失であると言えます。

カゴ落ちしている顧客に対してメールを送るなどの対策は、購入し忘れている顧客に対して有効なアプローチになります。

チャットボットの導入

チャットボットの導入も顧客の満足度を高める為の一つの方法です。

お問い合わせフォームからだと、どうしても返信までに時間がかかってしまいます。

その点、チャットボットを導入することで質問に対してすぐにレスポンスが返ってくるため、そのまま購入に至ってくれる確率が高まります。

顧客の状態(購買欲求)を見極めて対応しよう

顧客が自社の商品に対してどれだけ購入意欲があるのかを知ることも重要です。

集客数に対して購入率が伴っていない場合、商品やキャンペーンに問題がある場合があります。

季節に合わせたキャンペーンや商品の開発を行うなど、顧客が求めている物を見極めることが非常に大切になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットショップだからと言って接客をおろそかにしてはいけません。常に顧客の目線に立ち、サイトのデザイン性から利便性まで細部に渡って意識をしておくことが売上を上げる為には必要になってきます。

この記事で書かれている内容は全てネットショップを運営していく上で大事な要素ですので、対策をしておくことを強くおすすめします。

そもそもネットショップでの集客が足りない、という事が懸念点であれば、こちらの記事を読んでみてはいかがですか?

 

SNSでもご購読できます。